2017年09月12日

心が決めたことは神との約束。契約は自ら守るもの


112368.jpg

契約書を作成するときに、相手に守らせたい、相手が違反した場合は

どのようなペナルティを付けようかばかりに気が移るのではなく、

それ以前に、自らが、この契約で何を実現したいのかその目的を明確にし、

その為にどんな行動をし、同時に、相手にはどのような行動を求めるのか

の順序で考えるのが、効果的な契約のコツである。


契約とは法的な約束のことであるが、自ら、心で決めたことは

全て、神との約束と考え、心で決めたことを実行すれば、心で決めた

思い通りの結果になるのである。

もし、気に入った結果にならないとしたら、

心で決めたことが、自分の意思と違っていたのか、あるいは

心で決めたことを実行しなかったかの いずれかである。


相手に、自分の意のままの行動を求める前に

自らが、自分の意のままに行動することが大切である。



===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================



posted by itoh_gyosei at 00:00| 契約書、法律

2017年09月04日

起業には企業が大切


813816.jpg

起業とは、新しく事業を始めることを言いますが、起業をする為には

企業(業を企てること)が大切です。

業を企てるとは、

(1)ミッション(経営理念)を明確にして

(2)ビジネスモデルを企て

(3)計画的に実行して行く

ことを言います。

(1)ミッションとは、何の為に起業するのか? あなたが事業を行う理由です。

あなたの事業の存在理由と考えればより分かりやすいかも知れません。

(2)ビジネスモデルとは、簡単に言うと、事業をどのように行うのか?

その仕組みのことを言います。あなたのミッションを具体化する為には、

特にあなたのどんなこだわりがあるかが大切なポイントとなります。

(3)最後に、上記のビジネスモデルを、いつどのように行っていくのかの

時間的予算(工程)とその金額的な予算も明確にして、それを実行していく

ことです。



===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| 起業相談

2017年08月30日

豊田市中央倫理法人会会長最後の講話


21105935_1593354340728366_595271968830798130_n.jpg

本日(2017年8月30日)、豊田市中央倫理法人会
第611回経営者モーニングセミナーが、開催されました。

会長として、最後のお話をさせて頂きました。

35枚のありがとうカード、花束、色紙と、たくさん頂きました。

本日参加頂きました皆さま並びに豊田市中央倫理法人会を支えて頂きました

全ての皆様に感謝申し上げます。

1年間ありがとうございました。


そして、今後とも、豊田市中央倫理法人会をよろしくお願い申し上げます!


井藤真生
posted by itoh_gyosei at 23:00| 日記

2017年08月22日

目的論で考えると世界が違う景色で見える


117088.jpg

過去の原因があって→現在の結果がある

結果に問題があるのであれば、必ずその原因があるのだから

その原因に対する対策を考えれば良い。


我々は、このような原因論で物事を考えている場合が多い。


しかし、人間に関する問題を考える場合には、

原因と結果の前に、人間としての「意思」がある。

すなわち、人間は、原因に基づき、勝手に行動するのではなく

必ず、自身の「意思決定」に基づき、行動をしているのだ。

ここでは、原因と言われるものは、意思決定したときの理由

なり、根拠なり、あるいは言い訳と呼ばれるものである。


例えば、雨が降ったから、行かなかった。

雨が降ったこと(原因)→ 行かなかった(結果)のようでは

あるが、その実は、

行きたくなかった(目的)から行かなかったのであり、

雨が降っていたことは、行きたくない理由のひとつである。

確かに、例え、雨が降っていても、それでも行きたい目的が

あれば、行ったかも知れない。



人間の行動による実績、現状を分析して、対策を考える場合に、

人間の意思決定理由(目的)に注目することが大切である。







===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================





posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営

2017年08月21日

起業相談。あなたは誰に何を与えますか?


449663.jpg


起業の動機が何であれ、

事業には必ずお客さんがあり

そのお客さんに価値を与えることが必要です。


その為には、あなたが価値を与えるお客さんを明確にする必要があります。

そして、そのお客さんにどんな価値を与えるのか? あるいは

そのお客さんにどんな風に喜んでもらうのか?

を考える必要があります。

さらに、その、お客さんは、なぜ、あなたから、商品やサービスを買うのでしょうか?

なぜ、あなたを支持するのでしょうか?

それが、あなたの事業目的=ミッションと言うべきものです。


さらに、あなたは、その事業目的を実現するために

どんなこだわりを持っているのでしょうか?


こんなところが明確に答えられるのならば、

さあ、起業しましょう。

今、表したことを もう一度、実現すれば良いのです。


===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================





posted by itoh_gyosei at 00:00| 起業相談

2017年08月20日

アドラー×7つの習慣 主体性を発揮する


アドラー×コビー博士

アドラーに寄れば
全ての感情や行動は、目的を達成するためのものだ
怒ったから殴ったのではない
殴る為に、怒ったのだ。

つまり、殴った原因が怒りだった訳ではなく、
怒りの目的が殴ることであったのだ。
何らかの事実や現象があったときに、
その事実や現象が、
直接、自身の行動の原因になるのではなく
その事実や現象を受けて、自身がどうするか?
目的を心に決めたときに、
次の行動がなされ結果がもたらせるのだ。

すなわち、全ての行動は、
心に目的があってなされているものであり
その結果は、目的の通りになっているのである。


7つの習慣。第1の習慣「主体性を発揮する」では
人は、周囲に何が起ころうと、自分自身で判断し、
言動を選択できる能力があり、
人間として自分の人生に対して自ら選択し、
自ら責任をとることを
「主体性を発揮する」と言っている。

つまり、自分の本来の目的を理解し、
その目的の達成の為に行動できる人
のことを主体的な人と言う。

対して、主体的でない人のことを
「反応的な人」と言う。
何らかの事実や現象、刺激などに対して、
自分の本来の目的を忘れ、
反応的に対応してしまう人
(アドラー的に言えば、
 この反応もその対応の目的であろう)
のことである。

主体性を発揮するコツは、
刺激に対してすぐ反応しないで、
スペースを置き(時間を空け)、
冷静に判断することである。
つまり、
刺激→即反応 
(間違った目的を達成してしまう恐れがある)
 
ではなく、

刺激→スペース→主体的な対応
(本来の目的を達成する) 

することである。
===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================
posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル

2017年08月19日

アドラー×万人幸福の栞「世界は心の目的でできている」


アドラー×万人幸福の栞

アドラーに寄れば

全ての感情や行動は、目的を達成するためのものだ

怒ったから殴ったのではない

殴る為に、怒ったのだ

つまり、殴った原因が怒りだった訳ではなく、

怒りの目的が殴ることであったのだ。

確かに、何らかの事実や現象があったときに、

その事実や現象が、直接、行動の原因になるのではなく

その事実や現象を受けて、自身がどうするか? 目的を心に

決めたときに、次の行動がなされ結果がもたらせるのだ。

すなわち、全ての行動は、

心の目的があってなされているものであり

その結果が、目的の通りになっているのである。


万人幸福の栞では

この世は全て自身の心から出された光を

反射している鏡であって

自身が心で思った通りに、世界はできている。

もし、思い通りになっていないとしたら、

ま心から、本当にそう思っていないからだ。

強く強く何の疑いもなく思うことで、世界はできている。


===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル

2017年08月18日

働き方改革の本質。スピード感


284093.jpg

働き方改革の本質は、長時間労働で社員一丸となって頑張ることで成果を

上げて来た、日本の成功体験の限界、生産性が低い、長時間労働ができる

働き手の確保が難しい、こんな時代には、多様な働き方を採用して、

働き手を確保することと、時間当たりの生産性を上げて、アウトプットを

高めることが重要である。

生産性を高めるには、日本が得意とする、品質が良いいものを早く作る能力

と、そもそも、付加価値が高い商品やサービスを生み出す能力を高める

ことが大切である。

さらに、今の時代、納期の早さも大切だが、開発の早さは直大切である。

仕事の仕方、判断プロセスなどの、速さ、スピード感を課題にあげると

対して、「何でも早くやるのではなくじっくり調査検討することも大切

である」との反論が必ずある。もちろん、速さ、スピードを重視する

あまり、致命的なミスをしては本末転倒である。しかし、だからと言って

スピードを緩める理由にはならない。「じっくり検討する」ことを、

速く、スピード感を持ってやることが求められているのである。

速く、スピード感を持ってやるためには、「何をやらないのか?」

「省くこと」「捨てること」の決断も重要である。




===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================


posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営

2017年08月17日

仮契約を結んだのですが、解約できますか?


product_img_f_1894109.jpg

最近、電話無料相談で、頂いたご質問です。

(質問の要約)

仮契約書の後、あるサービスの申込みで、お金を振り込んだのですが、

まだ、本契約をしていないので、お金は返してもらえないのでしょうか?

(回答)

訪問販売や電話勧誘販売、あるいは、ネットワークビジネスや一部の

エステ、英会話、結婚相談所などのビジネスの場合(この場合は、特別

に「クーリングオフ制度」があります。)などを除き、普通の契約では

その、あなたが、記名、押印した仮契約書に書いてある規定に従うこと

となります。例えば、本契約までの間に、解約ができると書いてあれば

解約をすることができますが、特にそのような規定がない場合は、仮契約

だからと言って解約が自由にできる訳ではありません。

(解説)

「仮契約」とか「内示契約」などという言葉、実は、法律用語ではありません。

そもそも、契約とは、契約書のような文書でなくとも、口頭でも、どんな

形式であっても、当事者間の意思表示の一致のみで成立するものです。

契約書面においては、書面のタイトルには、大きな意味はありません。

「仮契約書」「内示契約書」あるいは「覚書」「メモ」「備忘録」

はたまた、特にタイトルの記載がなくとも、契約書で大切なのは、その契約書で

何が決められているか、誰と誰がいつ決めたか、の3つの要素です。

従って、タイトルに惑わされることなく、中身に注意することが重要です。




===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================



posted by itoh_gyosei at 00:00| 契約書、法律

2017年08月15日

トラブルは成長のチャンス! 




仕事にせよ、個人的な問題にせよ、何らかのトラブルが起きた場合の

対処の方法の話です。


1.冷静に受け止め、応急措置を行う

迅速な対応は大切ですが、行動の前に心が先です。

トラブルをより大きくするのが、一次トラブルよりも、
その対応が適切でなかった為に発生する二次トラブルです。

まず、冷静に事実を受け止め、適切な応急対策(今すべきこと)を
することが大切です。

信頼できる誰かに、相談を仰ぐのも良いかも知れません。


2.応急措置の後には、原因調査と、恒久対策を行う

「喉元過ぎれば熱さ忘れる」では、ないですが、応急措置だけで

ほかっておくと、また、同じトラブルを繰り返しかねません。

トラブルの真の原因を追究し、再発防止と恒久対策を行いましょう。

原因の追究においては、誰々が悪い、運が悪かった等、他者任せ

で済ませておいては、真の対策にはなりません。

誰が悪いかが大事ではなく、どうしたら、再発を防ぐことができるか

その為に、自らができることを、優先的に考えることが大切です。

他者に対策を依頼するのであれば、その完了まで、プロセスを含めて、

見守ることを自身の責任です。


3.トラブルを教訓に、自身の成長に活かしましょう

問題の真の原因解明には、「なぜを5回繰り返せ」が有名ですが、

大元での原因解明を行い対策を講じることで、より広い範囲での

問題解決が実現できます。

意外に真の原因はシンプルなところにあり、シンプルな原因が

より、広範囲な問題の原因であることがあるからです。


多くの場合、トラブルは、自身のあるべき道、志、ミッション、

行動規範、行動基準のようなモノから、外れていた為に、起こるものです。

従って、トラブルは、自らの有り方を見直し、強化し、成長する

良いチャンスでもあるのです。






「輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。


===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営