2017年11月10日

経営理念と働き方改革

経営理念と働き方改革.jpg

経営理念と働き方改革の関係を説明します。

@経営理念とは、そもそも何の為に事業を行うのか、その目的であり、
会社や法人はその目的を達成するための手段です。逆に言えば、
会社や法人が存在する理由が経営理念です。

A個々の事業活動において、経営理念を実現するため仕組のことを
ビジネスモデルと言います。ビジネスモデルもまた経営理念を実践する
ための手段です。
B経営理念を実践する為、経営方針が出されます。
経営方針も経営理念や会社経営を行うための手段です。

C働き方改革は、重要な経営方針のひとつです。
Dそもそも企業経営とは、時代や環境の変化においても、経営理念を
実践して行くために、継続的に改革をしていくことです。
現代において、働き方改革は、多くの企業に共通のその重要なひとつです。

E働き方改革は、従来のビジネスモデルを新しいビジネスモデルに変えて行くことです。
典型的な例が、従来のビジネスモデルが、(低付加価値)×(長時間労働)=業績で
あったのに対して、新しいビジネスモデル、(高付加価値)×(適正時間労働)=業績
に変えて行こうとする改革です。
Fビジネスモデルを変えて行くことで、新しい時代において、生き残ること
(すなわち経営理念を実践すること)が可能となります。

結論
働き方改革は、経営理念(目的)実践の為の手段です。
従って、目的をよりよく実践する為には、手段である働き方改革をどのように
行なっていくべきかの観点が重要であり、社内共通の価値観として
浸透させていくことが大切です。とりわけ、中小企業においては、
トップが経営理念や経営方針を明確化し、経営理念の実践の為の働き方改革
のプロセスを社員参加型で行ない、現場に落し込んで行くことが大切です。




hon.jpg




===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================



posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営

2017年10月27日

経営理念がしっかり表示される会社。そうでない会社


キャプチャ.JPG


ホームページで、ある会社の経営理念を探すときに、

直接その会社のホームページを見て、どこに経営理念が載っているのかな?

とあれこれ探す方法が一般的だと思います。この場合、経営理念が簡単に

見つかる会社、なかなか見つからない会社、結局見つからない会社があります。


もう一つの私のお奨めの方法は、

Google などの検索エンジンで、「経営理念 企業名」で、検索してみることです。

この場合、その会社の経営理念に関する情報で、画面がいっぱいになる場合と

経営理念とはあまり関係のなさそうな情報しか表示されない場合があります。


どちらの方法でも同じなのですが、経営理念がホームページの目立つページで

掲載されている会社、さっと、見つけることができる会社は、経営理念を大切

にしていることが分かります。

何故なら、経営理念がホームページで探しやすいということは、会社の方針で

あったり、仮に会社の明確な方針ではなかったとしても、ホームページ担当の

責任者が、経営理念の意義を重視する価値観を持っている証だからです。


次に経営理念の中身を見たときに、私が一番注意することは、その内容です。

内容については、それぞれの企業の価値観であり、それが、個性でもある訳で

すから、どんな内容が良くて、どんな内容が悪い等とは言えないと思いますが、

これは、広告文書? かと言われるような、耳触りだけが良いものには、

本当かな?と 疑いの気持ちを持ちます。例えば、

高品質、サービス精神、顧客第一 などを宣言している経営理念は多いのですが、

それに続くより具体的な言葉や説明がないと、本心かな〜?と疑問を持つものです。

対して、例え、手作り感が否めないようなページあったとしても、これは本気だな? と

やる気の感じられる「心の入った」経営理念に出逢うと嬉しいものです。




===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営

2017年10月26日

見せ方、ブランディングの前に、自らの経営理念を磨こう

22769784_1645577922172674_9129537599444007984_o.jpg

本日(2017年10月26日)、「豊田市働き方改革アドバイザー育成研修」で、

第7回「経営理念」の講義を担当させて頂きました。

「経営理念」は、豊田市さんから働き方改革のカリ

キュラム作成のお話を頂いたときから、当然、入れたい

テーマであり、自身が講師をすることを当然と考えて

いたテーマでもあります。


講座の冒頭に、「皆さん、働き方改革と経営理念は

関係があると思いですか?」の質問に、さすが、専門家

ばかりの講座。8割ぐらいの方が「関係があると思う」

に挙手して頂き、気分よく、講義を行うことができました。


企業は、経営理念は、経営者の方針を明確に宣言し、その

浸透の為に、愚直に、手をかえ、方策を実行することが

大切です。


その場合に注意すべきことの、一つ目は、何事にも言える

ことですが、「量×質」 の考え方を大切にすること。

機会を見て、何度も何度も伝えること、表現する機会を

作ること、そして、時には、どっぷり、一日、社員研修や

社員旅行等のイベントを通じて、良質な体験を行うこと。


さらに、経営理念やある経営方針を浸透させたいのであれば

社内の全てのシステムがそちらの方向に向くこと。

例えば、方針で、社員の協調を言っておきながら、人事評価

では、個人単独の能力を重視して評価していては、言動不一致

であり、その方針に従う人は少ないでしょう。

経営理念や方針を浸透させたいのであれば、それに対する

会社、経営者の本気度を行動で示すことが大切なのです。


さらに、さらに、経営理念の浸透は、社内だけに行うもの

ではありません。経営理念とは、自社の最も大切にする考え方

ですので、社内はもとより、社外にも 高らかに宣言して

逃げも隠れもしません、当社は、この経営理念を実践する為に

日々、営業活動を行ない、皆さまに、新しい価値を提案するの

です。その手段は、○○○と、ここでも、カタチだけの

ポーズでは決してないこと、本気度を、質×量 で示すこと

が大切なのです。


とかく、他者への、「見せ方」が大切ですよ。とか、

ブランディングが大切ですよ。とか、言われる機会があります

が、薄っぺらな他者の価値観に左右されないことなく、

その前に、「本気の志を愚直に実行し、それをそのまま

見せること」、その説明を分かりやすく行っていくことが、

本当の意味での、ブランディングであると思います。





===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================

続きを読む
posted by itoh_gyosei at 23:00| 事業経営

2017年09月19日

ミッション=存在理由=喜ばれる理由




事業活動の核となるものは、ミッション(経営理念、企業理念)です。

ミッションとは、あなたのビジネスの存在理由そのものです。

何の為にビジネスを行うのか。価値観と言っても良いでしょう。


存在理由を考えた場合に、どんなビジネスも自身(自社)だけでは

存在できません。当然、当社の存在を支持してくれる顧客、市場、

取引先、社会などの存在があって成り立つものです。

その為には、当社の存在「を喜んでもらえる」理由が必要です。

「仕事を頼まれる理由」と言った方がより明確かも知れません。


同時に、あなたのミッションを実践する為のこだわりに注目

しましょう?

===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営

2017年09月15日

組織にとって、個人にとっての組織の意義


004544.jpg

@組織とは、何らかの目的の為に作られた集団です。

 組織の目的のことをミッションとか、理念とかいいます。

A組織においては、構成員の分業と協力体制、つまりチームワーク

 により、個人ではできない、目的の実現がより良くできます。

Bそのことは同時に、組織に参加する個人にとっての、やりがい

 生きがい、充実感につながるものです。


これらの3点が揃ったとき、組織が真に大きな力を発揮します。







輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。







===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営

2017年09月14日

「働き方改革アドバイザー」養成講座 始まりました


21743496_1459032294178291_934351812336338611_o.jpg

2017年9月14日、豊田市役所にて、「働き方改革アドバイザー」養成講座の講師をさせて頂きました。この取組は、豊田市とNPO法人ブルーバードが共働して行うものです。中小企業診断士、社会保険労務士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラーなどの専門家を対象に、豊田市内の事業所の働き方改革の推進を担うアドバイザーとしての知識、技能を高める為に行われるものです。当日はその第1回「働き方改革概論」の講師を担当させて頂きました。また、午後は、藤田廣志先生講師による第2回「ワーク・ライフバランス」が開催されました。
午前午後休憩を含めて7時間の講義でしたが、参加者の皆さまの活発な議論により、盛況に講座を行うことができました。働き方改革の本質やワーク・ライフバランスの意義を深く理解できたのではないかと思います。次回の開催は、2週間後の2017年9月28日を予定しています。


===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================
posted by itoh_gyosei at 23:00| 事業経営

2017年08月22日

目的論で考えると世界が違う景色で見える


117088.jpg

過去の原因があって→現在の結果がある

結果に問題があるのであれば、必ずその原因があるのだから

その原因に対する対策を考えれば良い。


我々は、このような原因論で物事を考えている場合が多い。


しかし、人間に関する問題を考える場合には、

原因と結果の前に、人間としての「意思」がある。

すなわち、人間は、原因に基づき、勝手に行動するのではなく

必ず、自身の「意思決定」に基づき、行動をしているのだ。

ここでは、原因と言われるものは、意思決定したときの理由

なり、根拠なり、あるいは言い訳と呼ばれるものである。


例えば、雨が降ったから、行かなかった。

雨が降ったこと(原因)→ 行かなかった(結果)のようでは

あるが、その実は、

行きたくなかった(目的)から行かなかったのであり、

雨が降っていたことは、行きたくない理由のひとつである。

確かに、例え、雨が降っていても、それでも行きたい目的が

あれば、行ったかも知れない。



人間の行動による実績、現状を分析して、対策を考える場合に、

人間の意思決定理由(目的)に注目することが大切である。







===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================





posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営

2017年08月18日

働き方改革の本質。スピード感


284093.jpg

働き方改革の本質は、長時間労働で社員一丸となって頑張ることで成果を

上げて来た、日本の成功体験の限界、生産性が低い、長時間労働ができる

働き手の確保が難しい、こんな時代には、多様な働き方を採用して、

働き手を確保することと、時間当たりの生産性を上げて、アウトプットを

高めることが重要である。

生産性を高めるには、日本が得意とする、品質が良いいものを早く作る能力

と、そもそも、付加価値が高い商品やサービスを生み出す能力を高める

ことが大切である。

さらに、今の時代、納期の早さも大切だが、開発の早さは直大切である。

仕事の仕方、判断プロセスなどの、速さ、スピード感を課題にあげると

対して、「何でも早くやるのではなくじっくり調査検討することも大切

である」との反論が必ずある。もちろん、速さ、スピードを重視する

あまり、致命的なミスをしては本末転倒である。しかし、だからと言って

スピードを緩める理由にはならない。「じっくり検討する」ことを、

速く、スピード感を持ってやることが求められているのである。

速く、スピード感を持ってやるためには、「何をやらないのか?」

「省くこと」「捨てること」の決断も重要である。




===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================


posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営

2017年08月15日

トラブルは成長のチャンス! 




仕事にせよ、個人的な問題にせよ、何らかのトラブルが起きた場合の

対処の方法の話です。


1.冷静に受け止め、応急措置を行う

迅速な対応は大切ですが、行動の前に心が先です。

トラブルをより大きくするのが、一次トラブルよりも、
その対応が適切でなかった為に発生する二次トラブルです。

まず、冷静に事実を受け止め、適切な応急対策(今すべきこと)を
することが大切です。

信頼できる誰かに、相談を仰ぐのも良いかも知れません。


2.応急措置の後には、原因調査と、恒久対策を行う

「喉元過ぎれば熱さ忘れる」では、ないですが、応急措置だけで

ほかっておくと、また、同じトラブルを繰り返しかねません。

トラブルの真の原因を追究し、再発防止と恒久対策を行いましょう。

原因の追究においては、誰々が悪い、運が悪かった等、他者任せ

で済ませておいては、真の対策にはなりません。

誰が悪いかが大事ではなく、どうしたら、再発を防ぐことができるか

その為に、自らができることを、優先的に考えることが大切です。

他者に対策を依頼するのであれば、その完了まで、プロセスを含めて、

見守ることを自身の責任です。


3.トラブルを教訓に、自身の成長に活かしましょう

問題の真の原因解明には、「なぜを5回繰り返せ」が有名ですが、

大元での原因解明を行い対策を講じることで、より広い範囲での

問題解決が実現できます。

意外に真の原因はシンプルなところにあり、シンプルな原因が

より、広範囲な問題の原因であることがあるからです。


多くの場合、トラブルは、自身のあるべき道、志、ミッション、

行動規範、行動基準のようなモノから、外れていた為に、起こるものです。

従って、トラブルは、自らの有り方を見直し、強化し、成長する

良いチャンスでもあるのです。






「輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。


===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営

2017年08月08日

組織のコミュニケーションのレベルを高めたい


コミュニケーションのレベル

「組織のコミュニケーションのレベルを高めたい」は、

(とりわけ業績が良い方の)企業の経営者共通のテーマです。

コミュニケーションのレベルを高めるためには、大きく分けて

3段階の対策があります。これらは、同時に行うことが効果的

です。

第1段階 報告連絡相談の仕方、情報公開のあり方などの基本的な

事項を守れる体制をつくる。


第2段階 個々の仕事の目的や目標を理解し、それに基づいた

コミュニケーションが取れるようになる。


第3段階 組織の目的、ミッション、価値観を理解して、

それに基づいたコミュニケーションが取れるようになる。



===============================================

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================









posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営