2014年10月08日

あまりに一方的な規定は無効となります(消費者契約法)


「消費者契約法」は、消費者の保護の為、消費者と事業者の力の格差を埋め、

消費者と事業者が対等に契約できるように生まれたルールです。

例えば、「当社ではいかなる責任も一切取りません」のような規定は、

「消費者契約法」違反となります。

(事業者が、個別に○○の場合は、のように規定すれば認められるような

権利であっても、このような規定の仕方の為に、逆に、認められないことが

ありますので注意が必要です)


消費者契約法に関するさらに詳しい説明はこちらをどうぞ



輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

==========================================================
(契約書・規約文書の作成、活用としくみづくり支援 専門)
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei
==========================================================
posted by itoh_gyosei at 00:00| インターネット、IT

2014年10月01日

電子契約法は、電子商取引における消費者を保護する法律です


image002.png


「電子契約法」は、正式には、

「電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律」と言い、

一般には、「電子契約法」、「電子消費者契約法」、「電子消費者契約民法特例法」など
と略されます。

この法律は、名称の通り、

電子消費者取引のみに適用される民法の特例を定める法律です。

消費者が電子取引で錯誤があった場合に契約を無効にすることができる等、

消費者を保護する為の法律です。

従って、 事業者間の取引では適用されません。


(※振込詐欺文書などで、

「電子契約法違反につき、訴えます」などの文面が

業者を装った者から送付されたケースが多々ありますが、

上述の通り、電子契約法は消費者を保護する為の法律です。)



電子契約法に関するさらに詳しい情報はこちらからどうぞ



輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

==========================================================
(契約書・規約文書の作成、活用としくみづくり支援 専門)
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei
==========================================================
posted by itoh_gyosei at 00:00| インターネット、IT

2014年09月24日

プライバシーポリシー作成の目的


プライバシーポリシー (英語: privacy policy) は、 インターネットのウェブサイトにおいて、収集した個人情報をどう扱うのか(保護するのか、それとも一定条件の元に利用するのか)などを、サイトの管理者が定めた規範のこと。個人情報保護方針などともいう。プライバシーポリシーは、利用規約の一部として記載している場合もある。
ウェブサイトによっては、この中に「第三者に情報提供する場合がある」と明記されている場合がある。このためサイト利用者は、個人情報をインターネットに送信する際には、プライバシーポリシーを熟読する必要がある。

(以上、Wikipediaより引用)


プライバシーポリシーは、日本語では「個人情報保護方針」と言い、

その言葉のごとく、当社の個人情報保護に関する基本方針を宣言する為の

ものです。

同時に、個人情報をどのように利用するか(どこへ提供するかを含む)を明記し、

利用者の同意を得る目的で、設置されます。



事業者の立場からすれば、自社の個人情報保護に関する方針を宣言するとともに

顧客より、個人情報データの利用について承諾を得る目的があります。


個人の立場からすれば、プライバシーポリシー をよく確認して、

提供した個人情報がどのように利用されるのかを理解することが大切です。


プライバシーポリシーに関するさらに詳しい説明はこちらからどうぞ










輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

==========================================================
(契約書・規約文書の作成、活用としくみづくり支援 専門)
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei
==========================================================
posted by itoh_gyosei at 00:00| インターネット、IT

2014年09月17日

利用規約の作成の仕方


利用規約は作成しないといけないのですか?

という質問を頂くことがあります。


確かに、多くのサイトには利用規約がありますが、

これは、どんな場合に必要なのでしょうか?


結論

利用規約とは、サイトなどを利用する際のルールや

方法を説明する文書です。

利用規約の作成に、法的な義務はありません。

但し、利用規約を公開することによって、

トラブルを未然に防いだり、

利用者の混乱を防ぐ効果が期待できます。


利用規約の作成の仕方

利用規約の作成は、サイトそれぞれの性格によって

異なるものになりますが、一定の形式があります。

・閲覧だけのサイト

・ダウンロードなどができるサイト

・書き込みができるサイト

・有料サイト

など

で、書くべき内容が増えて来ます。

特に、有料サイトになりますと、利用規約=売買契約書

の意味を成すことになります。


利用規約の作成については、以下のページで、事例をあげ

詳しく説明していますので、ご参照ください。


http://www.itoh.fullstage.biz/webbusiness/topics/020.html








輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

==========================================================
(契約書・規約文書の作成、活用としくみづくり支援 専門)
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei
==========================================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| インターネット、IT

2014年09月10日

利用規約3点セットとは


Webページを公開する際には、

3点セット、すなわち

(1)利用規約(サイトポリシー)

(2)特定商取引法に基づく表示(通信販売)

(3)プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

を備えるのが一般的です。


(1)利用規約(サイトポリシー)
「サイト利用規約」「会員規約」「利用者規約」「サイトポリシー」など、Webサイトの性格によって 規約の名称にバリエーションがあります。また、規約の一部をWeb上で行ない、有料会員に対する規約は、個別に契約書を取り交わす方式で行うような場合もあります。 Webページの閲覧者に対する案内文や注意書きのようなものから、閲覧者が入力や書き込みを行う場合の規定、無償や有償でのサービスの提供に対する適用ルールの表示など。 また、利用規約(サイトポリシー)が、法律的に有効な利用者との契約条項に相当するか否かについては、その内容と表示方法等によりますので、注意が必要です。

(2)特定商取引法に基づく表示(通信販売)
特定商取引法に基づく表示(通信販売)とは、Webに限ったことではありませんが、「対消費者に対して通信販売を行う事業者」に法律により求められている表示のことです。

(3)プライバシーポリシー(個人情報保護方針)
プライバシーポリシー(個人情報保護方針)とは、個人情報保護法の精神に則り、自社の個人情報の取扱のルールを利用者へ宣言するものです。また、個人情報の取得に際して、どんな目的で利用するのかを明確として、利用者の承諾を得ることが大切です。



利用規約3点セットに関するさらに詳しい情報こちらからどうぞ。

b1-3.png






輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

==========================================================
(契約書・規約文書の作成、活用としくみづくり支援 専門)
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei
==========================================================
posted by itoh_gyosei at 00:00| インターネット、IT

2014年09月03日

利用規約の作り方を公開しています。


井藤行政書士ホームページの人気ページのひとつ、

サイト利用規約の作成の仕方を紹介します。

このページでは、一般的な利用規約の書き方について、

条項ごとに説明しています。

→ 利用規約の書き方はこちら(サイト利用規約の作成の仕方)


また、実際に作成した利用規約のひな形も掲載していますので

ぜひ、ご利用ください。

→ サイト利用規約のサンプルはこちら(ワードファイル
 

なお、利用規約の掲載ひな形は、無償で閲覧を中心とするサイトを

中心としたものです。

利用者からの書き込みがあったり、有償サイトの場合は、

お客様の個別のビジネスの仕組みに従った記載が必要となります。


また、以下のページでは、サイト利用規約をはじめ、WEBページに

必要な規約やWEBに関する法律の解説を行っています。

ぜひ、ご覧ください。


b1-3.png





輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

==========================================================
(契約書・規約文書の作成、活用としくみづくり支援 専門)
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei
==========================================================
posted by itoh_gyosei at 00:00| インターネット、IT

2014年08月27日

利用規約は利用者との契約書


利用規約が法的な意味を持つためには、利用者との契約が成立して

いることが必要です。契約とは、法的に有効な約束のことを言い、

契約は、2人以上の当事者同士が自分の意思で、法律や公序良俗に

違反しない内容を約束した場合に成立します。


1)2人以上の当事者同士が自分の意思

利用規約では、当事者同士が互いの意思を出し合うわけではなく、

事業者が提示した契約内容(=規約)に対して、利用者が

「自分の意思で」同意すること です。

紛らわしい詐欺的行為で、「はい」を押させる行為は違法です。


2)法律や公序良俗に違反しないこと

「いくら当事者同士の意思が一致した」としても、その内容が法律に

違反している場合は、その契約は無効になります。

他人を傷つけたり、違法な品の販売等は、問題であることは容易に

理解できるでしょうが、「法的に必要な手続きが抜けていたり」

「あまりに事業者側に一方的な契約であったり」する場合は、例え

相手がそのことを承諾していても、その契約は無効であったり、取

消が可能であったりしますので注意が必要です。


利用規約に関するさらに詳しい情報はこちらをご覧ください。


b1-3.png


利用規約の作成を行っています。

お気軽にお問い合わせください。


輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

==========================================================
(契約書・規約文書の作成、活用としくみづくり支援 専門)
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei
==========================================================
" target="_blank">b1-3.png





利用規約の作成を行っています。

お気軽にお問い合わせください。









輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

==========================================================
(契約書・規約文書の作成、活用としくみづくり支援 専門)
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei
==========================================================
posted by itoh_gyosei at 00:00| インターネット、IT

2014年08月13日

プライバシーポリシーの3つの意義


プライバシーポリシー(個人情報保護基本方針)は、

サイト利用規約、特定商取引法に基づく表示と併せて、3点セットと

呼ばれる、Webサイトに掲載される規約のひとつです。


ところで、このプライバシーポリシーは、何のために掲載するのか?

その3つの意義について述べます。


(プライバシーポリシーの意義その1)
自社の個人情報保護方針の対外的宣言

プライバシーポリシーとは、自社の個人情報の保護方針、つまり、

個人情報をどのように入手してどのような目的で利用し、

どのように保護するのか。自社の個人情報の方針を対外的に宣言する

モノです。

宣言するということは、文字で書いておけば良いと言うことではなく、

「言ったことは守らければならない」と言う義務が生じます。


(プライバシーポリシーの意義その2)
自社の個人情報保護方針に対する顧客の承認

これは、サイトの構成によりますが、プライバシーポリシーの承諾を

契約成立の条件としているようなサイトがあります。(「はい」を

押すことで、次に進むことができるサイト等)このような形式では、

プライバシーポリシーの内容につき、顧客も承認したとの意味を持つ

ことになります。つまり、プライバシーポリシーが契約としての意味を

持つことを狙っているものです。

このようにすることで、当社の個人情報保護に関する方針を顧客も

承認したことになり、このポリシーの内容を遵守すれば、顧客との

約束を果たしたことになる意義があります。

とりわけ、顧客情報の入手の仕方や利用の仕方などで、後で、顧客と

トラブルが生じないようにする為、承諾を得る形式にします。


(プライバシーポリシーの意義その3)
顧客からの信頼を高める為

きちんとしたプライバシーポリシーを顧客に見せ、

個人情報管理に対する顧客に安心を与え、信頼を得る意義があります。

この効果は大きく、プライバシーポリシーがいいかげんだったり、

掲載のないサイトの場合、個人情報保護の点で、顧客が不安となる

ケースが考えられます。

ただし、このことは顧客の信頼を裏切らない義務が生じることも

意味することを忘れてはなりません。

つまり、自らが定めたプライバシーポリシーを遵守することです。








輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

==========================================================
(契約書・規約文書の作成、活用としくみづくり支援 専門)
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei
==========================================================
posted by itoh_gyosei at 00:00| インターネット、IT

2014年08月06日

利用規約の書き方教室


「サイトの利用規約は法的に必要なのでしょうか?」 という質問が

よくあります。回答は、

「法的に必要なものではありませんが、自社サイトや自社サイトの優良な

会員を守るために大切です。」と答えるようにしています。


インターネットは、(希望しようがしまいが)、全国(全世界)を対象に

不特定多数の人に対して公開されるものです。

誰に何をされたり、言われたりするかも知れませんので、それらのクレームや

行動に対する対処の手段のひとつとして利用規約を準備しましょう。


と、ここまでが、一般的に言われている利用規約の意義ですが、

実は、もっと大切なことがあります。

それは、大多数の善良な(悪意のない)閲覧者、利用者の方が、(意図的では

なかったとしても)違反行為や迷惑な行為をしてしまう恐れがあることです。

それらを事前に注意し、適正な行動を促すことは、真の顧客サービスの一環と

して考えることができるでしょう。

その意味で、顧客との複雑なコミュニケーションが可能なサイトほど、利用規約

作成の意義が大きいことになります。


利用規約の書き方については、以下のサイトで、詳しく紹介していますので、

ぜひ、ご確認をください。


http://www.itoh.fullstage.biz/webbusiness/topics/020.html









輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

==========================================================
(契約書・規約文書の作成、活用としくみづくり支援 専門)
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei
==========================================================




posted by itoh_gyosei at 00:00| インターネット、IT

2014年07月30日

インターネットビジネスの鍵はコミュニティづくり


コミュニティとは、昔の部落、地域のような運命共同体、同じような

価値観をもった人の集まりを言います。

昔のコミュニティは、地域コミュニティ以外あり得ませんでしたが、

高度に交通や運送や情報が発達した現代社会においては、物理的な

距離の差を超えたところにコミュニティの形成が可能となりました。


インターネットビジネスとは、まさしく、このような現代の

コミュニティビジネスです。

趣味、嗜好、価値観が共感できるメンバー、会員、顧客にいかに

支持を得て、継続維持、発展していくことができるのか?

が、多くのインターネットビジネスの鍵となります。


コミュニティとコミュニケーションの語源は同じ。

つまり、コミュニティにおいては、いかにメンバー、会員、顧客との

あるいは、メンバー相互のコミュニケーション(情報交換、価値の共有感)

を高めて行くかが重要な意味を持ちます。

コミュニケーションが活発なコミュニティこそ、生きたコミュニティです。




 
輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

==========================================================
(契約書・規約文書の作成、活用としくみづくり支援 専門)
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei
==========================================================
posted by itoh_gyosei at 00:00| インターネット、IT