2018年06月19日

目的論で考えると正しさで争う必要がなくなる


596556.jpg

昨日に引き続き、目的論のお話。

目的論で考えると、正しさを主張し合うことの無意味さが分かります。


なぜなら、誰かが何かを主張しているのは、正しいと思ったから

主張しているのであって、だから、その人にとっては正しいのだ。

対して、

自分にとっての正しいを主張して、正しい同士の言い争いをしても

無意味な争いになる。


大切なのは、過去は全て正しい。

その目的を理解した上で、

これから、どんな目的を実践する為、何をするかということである。



その為には、まず、素直に、現状を受け取ることが大切である。







この内容は、「職場の教養」2018年6月19日(火)のコラムから、

気づいたことを掲載していますが、本文の内容とはあまり関係ありません。 


kigyosemiannai_s.jpg

hon.jpg




===============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================









posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル

2018年06月17日

紫陽花のように。


1123217.jpg

紫陽花の色は、土の成分に含まれる金属イオンの「アルミニウム」の量と

土壌の「ph」によって、また、個体の吸収力によって決まるそうです。

土壌が「酸性」だと、紫陽花は青色に

土壌が「アルカリ性」だと、紫陽花は赤色になるそうです。

しかし、その吸収力は個体により異なる為、色も混ざって咲くことが

あるようです。


紫陽花の花言葉は、色の七変化をなぞらえ「移り気」であったり、

青色の紫陽花は、「冷淡」

赤色の紫陽花は、「元気な女性」

白色の紫陽花は、「寛容」

など、多くの花言葉があるようです。











この内容は、「職場の教養」2018年6月17日(日)のコラムから、

気づいたことを掲載していますが、本文の内容とはあまり関係ありません。 


kigyosemiannai_s.jpg

hon.jpg




===============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================




posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル

2018年06月16日

自己啓発とは。自ら主体的に学ぶこと


1074550.jpg

「自己啓発」に関して、ネット上に面白い解説があったので、引用します。

自己啓発とは、自分だけは『あなたとは違うんです』と心の中で思い込み
成功本を読み漁り、高額なセミナーへ通ったりすることである。と、
思われがちであるが、本来自己啓発とは、自分自身を訓練することにより、
より高い能力やより広く深い知識を得て、
より良い人生を送ることを目的とするものであり、それ自体に善悪は無い。


また、「啓発」とは、

論語より、「憤せざれば啓せず、悱(ひ)せざれば発せず」から》

「自分で悩み、考えない者には指導しない。
自分の考えをなんと言ったら良いか解らないというくらいでなければ
ヒントは与えない。」

人が気づかずにいるところを教え示して、より高い認識・理解に導くこと。

をいうそうです。


つまり、学ぶためには、自ら悩み考えることが大切だということですね。

啓発には、そんな意味があるようです。








この内容は、「職場の教養」2018年6月16日を参考として

気づいたことを掲載していますが、本文の内容とはあまり関係ありません。 


kigyosemiannai_s.jpg

hon.jpg




===============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================











posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル

2018年06月14日

時間短縮。これぞ「働き方改革」。仕事の質を充実させる


1069474.jpg

スポーツの練習であったり、仕事でもそうですが

長くやるのが良いというのは、昔の根性論

現代では、いかに、効率的に 充実させて行うかが

まさに問われいます。


また、細切れ時間を上手に組み合わせたり

短時間しか参加できない人たちをたくさん組み合わせたりして

大きな成果を出している人や会社もあります。



これからの人口減少時代にとって

国民ひとりあたりの時間は、いっそう、重要なものになって

行きます。そんな時間を大切にしましょう。



















この内容は、「職場の教養」2018年6月14日(木)のコラムから、

気づいたことを掲載していますが、本文の内容とはあまり関係ありません。 


kigyosemiannai_s.jpg

hon.jpg




===============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================









posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル

2018年06月13日

「看板を磨く。」とお客さんが来る!?


748668.jpg

「看板」の意味を調べてみました。


1.商店・劇場などが(その建物の正面などに)、
屋号・広告などを書いて掲げ、通行人の目につくようにした板。
そのままの看板ですね!(笑)


2.転じて、人の注意を引くための題目、スローガンやもの。
「看板メニュー」「看板選手」

なるほど、人の注意を集めることから来ているんですね。


3.飲食店・酒場などが、その日の営業を終えること。
「本日は看板です。」←「本日はもう看板をしまいます」

人の注意を集めるようなものをしまうとは、確かに、閉店ですね。


看板とは、人の注意を集めうモノ・・・・であるならば、

本日の職場の教養にあったように、「看板を磨いたらお客さんが来た」。

・・・は、最もな話ですね。




ところで、現代版ITの世界での看板と言えば

ホームページのバナーですね。

人の注意をひくように、磨いておくことが大切ですね。










この内容は、「職場の教養」2018年6月13日(水)のコラムから、

気づいたことを掲載していますが、本文の内容とはあまり関係ありません。 


kigyosemiannai_s.jpg

hon.jpg




===============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================









posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル

2018年06月12日

傘をさすのは難しいが・・・。雨の日を楽しむ。


1064173.jpg

雨のシーズンである。

傘の忘れものに注意したいものである。

この傘というモノ、最近は、軽くて、コンパクトになったとは

思うが、基本機能は、昔から、そんなに変わっていない。

傘をさすのにも上手い、下手はあるようで、私は、下手な方である。

とりわけ、クルマの乗り降り時には、自分がずぶ濡れになるか

はたまた、車内がビタビタになるかのリスクが大きい。

このIOT時代において、スマホから操作できるような新しい傘は

生れないだろうか?


女性の傘はカラフルである

レインシューズもとてもおしゃれなものがあってビックリする。

こんな道具を持っていたら、さぞ 雨の日が楽しいだろう。


雨の日には、雨の日にしか味わえない風情がある

そんな風情を楽しむ 余裕をもった心でいたいものである。








この内容は、「職場の教養」2018年6月12日(火)のコラムから、

気づいたことを掲載していますが、本文の内容とは一切関係ありません。 


kigyosemiannai_s.jpg

hon.jpg




===============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================









posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル

2018年06月11日

ほめることは良いことか?どうほめたら良いのだろうか?


456921.jpg

ほめることは、素晴らしいことだ と言う意見と

ほめることは、良くないと 言う意見がある。


確かに、人からほめられると、普通は、嬉しいものである。

人をほめるには、その人に、興味を持っていなければ

できないことであり、互いに、ほめあうことで、良好な

人間関係や組織環境ができることは好ましいことである。


しかし、低いレベルのことを互いにほめあっていたり、

ほめることが目的化して、思ってもいないことをほめたり

そんな人間関係は、偽りの関係であり、けっして

良好な組織関係とは言えないものである。


また、ほめることをこころよく感じるか否かは、

ほめ方やほめられ方にもよるのだと思う。


ほめる方としては、相手をほめる場合に、何か他と比較して

ほめることや、上位のものが下位の者に対して、「よくできました」

のように、ジャッジメントを加えるような発言も注意したいものである。

良いとか悪いとかの評価ではなく、

素直に、心が感じた 感動の気持ちを 相手に伝えること が

良いのではないかと思う。



一方、ほめられる方も、ほめられたことを鼻にかけたような

高慢な態度は慎み、謙虚に受け留めるようにしたいものである。

他人の評価で一喜一憂する必要は全くない、その行為の目的の

実現度合いを自身で評価するば良いが、それでも、ほめてもらうことは

激励の言葉と素直に受け取り、励みにすれば良い。と思う。







この内容は、「職場の教養」2018年6月11日(月)のコラムから、

気づいたことを掲載していますが、本文の内容とは一切関係ありません。 


kigyosemiannai_s.jpg

hon.jpg




===============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================








posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル

2018年06月10日

6月の二大記念日のひとつ「時の記念日」


411228.jpg

6月の二大記念日をご存知ですか?


6月4日は、「虫歯予防デー」。

小学校のとき、ポスターを描いた覚えがあります。

由来は、語呂合わせ「ムシ」 なのは、容易に想像がつきますね。


もうひとつの記念日は、本日、6月10日と言えば、

「時の記念日」ですね

今の国立天文台が定めた記念日だそうで、天文関係のイベントも

行なわれるようですね。

ところで、なぜ、今日(6月10日)なのでしょう?

語呂合わせではなそそうですね。

ということで、調べてみると

なんと、日本書紀に寄れば、西暦671年 天智天皇の命により

日本初の時計(水時計)が鐘を打ったのが、現在の暦でいうところ

の6月10日だったことに由来するそうです。

ということは、本日、2018年6月10日は、1347日回目の

時の記念日のようです。


さて、この時の記念日。いったい何をしたら良いのでしょうか?


1.時間を大切にする

有限な人生だからこそ、時間を大切にしたいですね。


2.時間を守る

時間を守ることは、マナーの基本。

大切な時間だからこそ、守ることが重要なんですね。


3.時間を楽しむ

時間の実体は流れ行くような長さではなく、一瞬の点である。

その一瞬を味わい、楽しむ






この内容は、「職場の教養」2018年6月10日(金)のコラムから、気づいたことを掲載しています。

ただし、著作権の問題がある為、職場の教養の内容は掲載しておりません。 


kigyosemiannai_s.jpg

hon.jpg




===============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================









posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル

2018年06月09日

6月9日はロックの日。ロックが発見できれば、そのカギを開けることができます。


1022873.jpg

2018年6月9日の職場の教養に寄れば、今日6月9日はロックの日だそうです。

音楽のロック、ロックンロールの日でもあるようですが、そのロックでは

なく、Rの方ではなく、Lの方のロック。そう Lock に関するお話です。

「日本ロックセキュリティ協同組合」のホームページに寄れば、

一般家庭におけるカギの見直しと防犯意識の啓発を目的とし、

2001年に6月9日を「我が家のカギを見直すロックの日」と制定、

国民の皆様の防犯意識の向上と錠をはじめとする

各種防犯機器の正しい情報の提供を行って参りました。 とのことです。


日本語で、「鍵」というと、カギをあける持ち歩く方を言う場合と、

それによって、ロックがされたり、開閉されたりする側(「錠」という)

あるいは、鍵と錠の両方セット(「錠前」という)のことを言う場合が

あります。

一方、英語では、締まる方は、文字通り ロックであり(「錠」のこと)

それを締めたり、開けたり 操作する物が、キー(「鍵」のこと)である。

よく、「カギを締めておいて」というところ、年配者は

「錠をかっておいて」と等と言いましたが、言葉としては、年配者の方が

正しいようですね。面白いですね。


ここで、話を 英語に 移すと、キーとは、カギ(正式には錠)を開けたり

閉めたり操作するモノであり、いわゆる、カギのカタチをしている必要は

なく、ピアノやパソコンのキーボード のような使い方もされます。また、

キーポイントとか、キーワードとか、何か課題なり問題の正解に近づく

重要な「カギ」のことを 「キー」と言うようです。


多分に、難しい問題とは、何が問題なのか分からないことによる場合が

多くあります。キー以前に、ロックを探すことが難しいこと。

ロックさえ見つかれば、それに合う キーは既にあなたは持っているか

あるいは、簡単に誰かから入手することが可能かも知れませんね。











この内容は、「職場の教養」2018年6月9日(金)のコラムから、気づいたことを掲載しています。

ただし、著作権の問題がある為、職場の教養の内容は掲載しておりません。 


kigyosemiannai_s.jpg

hon.jpg




===============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================








posted by itoh_gyosei at 00:43| ライフスタイル

2018年06月08日

物はこれを生かす人に集まる。得るは捨つるにある。


978394.jpg

物には、その役割があります。

机なら、書類を読んだり、作成するところ。

椅子なら、座るところ。

のように。

物を生かすとは、その役割を発揮させることです。

もう役割が終わった物なら処分すべきです。

処分とは、捨てるか、誰かに譲るか、いずれにしても手放すことです。


物が処分できないのは、いずれまた、役割があるのではないかという予感です。

その予感が当たるか否かが難しい問題ですね。いつか?と言っていても、

そんな日は来ないかも知れません。

投資の世界で、損切りという言葉がありますが、どうしても処分できない、

いつかいるかも知れない物は、期限を決めて、保管しておくのが良いかも知れません。


何にしても、新しい物を手に入れたいのであれば、古い物に固着するのではなく、

手離す勇気が大切だということを認識していたいと思います。




この内容は、「職場の教養」2018年6月8日(金)のコラムから、気づいたことを掲載しています。

ただし、著作権の問題がある為、職場の教養の内容は掲載しておりません。 


kigyosemiannai_s.jpg

hon.jpg




===============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================









posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル