2014年03月27日

共同経営契約書の例


当事務所が推奨する「共同経営契約書」の条項名を紹介します。
起業時にこのような取り決めを行うことは厄介に感じるかもしれませんが、
「共同経営契約書」の内容を決めるという目的をもって、
話し合うことに大きな意義があるのです。

どのような事業であっても、
起業後も共同経営者同士のコミュニケーションが大切ですので、
そのトレーニングを起業時から行っておくことには大きな意義があります。

以下は、当事務所へ「共同契約書」の作成をご依頼頂いた場合の、
標準的な条項名(決める項目)です。実際には、お客様の業態や状況、
共同経営者間の関係やお客様の要望事項や懸念事項などを考慮して、
個別に起案させて頂きます。


(契約の目的)前文

第1章 総則
(名称)第1条
事業の名称や屋号などを定めます。

(事業の目的)第2条
何のために事業を行うのか、事業の目的を明記します。
(共同経営者同士の意思の一致をさせます。)

(事業の内容)第3条
具体的に行う事業の内容を列記します。
(将来やるかもしれないものまで含めて可です。)

(事業の所在地)第4条
対外的な住所、所在地です。
(それぞれ別のオフィスにすることも可です。)

(契約期間)第5条
本契約書の期間を定め、期間経過後は見直しを行うことにします。

第2章 出資
(出資者及びその内容)第6条
共同経営者それぞれの氏名、住所と出資内容(金額と現物出資がある場合はそのもの)
第3章 運営と責任

(業務執行の決定方法)第7条
意思決定の方法を明確化しておきます。
(例:全員一致ですること、各人が決定すること等)

(業務の分担内容)第8条
誰が何に責任と権限を持つのかを明確化します。

(秘密保持)第9条
業務上の守秘義務規定です。

(競合避止義務)第10条
共同経営と利害が対立するような行為の禁止規定です。

(会議)第11条
どのような会議をいつするかを明確化します。

(報告・連絡)第12条
共同経営者同士の報告・連絡のルールを明確化します。

第4章 計算等
(事業財産の所有権の帰属)第13条
共有財産に関するルールです。

(利益配分)第14条
利益の分配の仕方に関する取り決めです。
出資比率や貢献度合いに応じて分配する方法を決めます。

(費用)第15条
共通費用の使い方に関する取り決めです。

(会計)第16条
会計は誰がどのように行い、どのように報告するかを明確化します。

(持分処分の禁止)第17条
事業に支障を来すような個人の持分の処分に制限を加えます。

第5章 解除及び清算
(契約の解除)第18条
共同経営者が契約を辞める時のルールです。

(清算)第19条
契約を辞める場合や契約が終了した場合の清算のルールです。

第6章 附則

(本契約の変更)第20条
本契約の変更の仕方のルールです。

(協議)第21条
問題はまず協議で解決するルールを明確化します。

(合意管轄)第22条
万が一の場合の管轄裁判所を規定します。


以下のページにて
共同経営の計画・準備・運営と共同経営契約書の作成に関する
情報を掲載しております。




partnership.png














輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

==========================================================
(契約書・規約文書の作成、活用としくみづくり支援 専門)
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei
==========================================================
posted by itoh_gyosei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 契約書、法律
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91810688
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック