2013年08月27日

起業における、資本金と借入金に関する「そうだったのか!」の話。


起業の為に、押えておきたい資金に関する話です。

難しい経理の話ではありませんので安心してください。


1.資本金とは何でしょう? 

定義はいろいろありますが、

起業家が自身のリスク責任で出した事業の元手のことです。

元手がなくなったら嫌ですが、

一応、法的には、なくなっても返さなくても良いお金です。


2.借入金とは何でしょう?

一方、借入金(かりいれきん)とは、

銀行などから事業の為に借りた来た資金のことです。

借入金は、契約に従い返さなければならないお金です。

また、借入金は元金以外に利息を支払う必要があります。


3.起業時の事業資金に関する基本的な考え方

起業の際、あるいは起業後、事業資金の手当てに関する考え方です。

・事業資金がいくらいる。・・・A

・自前の資金(資本金)はいくら用意できる。・・・B

・残りは借入金でいくら調達したい。=A-B

と考えるのが一般的でしょう。


しかし、一歩立ち止まって、

資本金と借入金の本質について理解しておくことが大切です。

「その借入金返せますか?」と言うことです。


(1)資本金とは=あなたが最悪出しても良い赤字の最大値です。

(2)借入金とは=あなたが最低得なければならない利益の額です。


もう少し、具体的に説明します

(1)「資本金とは=あなたが最悪出しても良い赤字の最大値です」とは、

例えば、資本金100万円用意して事業を始めた場合、

最初はなかなか利益が出ないかも知れません。

毎月赤字が溜まって行くかも知れません。

溜めることのできる赤字の最大値が資本金と同額の100万円までです。

それ以上の赤字は出そうにもお金がないから出せません。


(2)「借入金とは=あなたが最低出さなければならない利益の額です」とは

例えば、借入金300万円を期間3年で借りたとします。

すると、その同じ3年間で、

利益(黒字の額の和)が300万円以上でなければ、借入金の返済はできません。


(1)(2)を総合すると

資本金100万円で、借入金300万円の会社は、

(1)で、最大、資本金100万円分の赤字を出すことができます。

(2)で、最小、300万円分の黒字を出さなければなりません。

(1)+(2)で、最小200万円(=300-100)の利益を出さなければならない
ことが分かります

以上のように、考えることが、資金計画の基礎となります。

※但し、実際は、このように大枠で考えた後に、

支払と回収の時間差を考慮して計画を立てることが必要です。




4.利息に関する基本的な考え方

ところで、借入金には利息がつきものですが、

この利息については、どのように考えたら良いのでしょうか?


利息は、他の費用と同様に、収益(売上)を上げるためのコストです。

利益=収益(売上)-費用 ですので、利息の分だけ利益が少なくなります。


例えば粗利10%の取引をしているのに、

その取引の為の資金を利息15%で借りて

いたら、▲5%の赤字になってしまい利益が出ません。

のように、利益の計画の計算をする際に、利息について考えます。

当然ながら、

・利息が高いと利益が出ない、

・利益が出ないと返済ができない

の悪循環になってしまいます

逆に、

・利息を払っても利益が出せる、

・利益が出るので返済もできる

・新たに利息を払って利益を出すために、新たに借入を行う

の、前向きな借入ができれば良いですね。









dream.gif

起業支援総合ポータルサイト「ドリームゲート」にてもメール相談受け付けています。

「契約書や規約・文書に関すること」「起業や経営に関すること」、その他でも結構です。

お気軽にご相談ください。

「あなたの思いを法的に有効な文書にする。お手伝いをしています」

「あなたの起業を一からサポート!〜ぜひ、早い時期からご相談ください」

「輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

==========================================================
契約書作成起業支援専門)
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ドリームゲート http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/fullstage/
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei
==========================================================





この記事は、2010年09月25日。
「起業の為の基礎講座 資本と借入金に関する基礎知識」
より一部内容を変更して掲載しています。
posted by itoh_gyosei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 融資、資金調達
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73478610
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック