2012年01月30日

「恋するオスが進化する」



男と女のすれ違いは進化論で説明できる!


様々な昆虫の生態を通じて、男女の違いの意義を考えさせられる。

とにかく多くの実験結果により、びっくりするような話が

たくさん載っている。貴重な記録だと思う。

本書で一番印象的だった言葉は、

なぜ、多くの生物には男女があるのかの問いに対する答えだ。

それは、細胞分裂のように全く自分のコピーを作る場合に比べ

男女の組み合わせにより、子孫にDNA上の多様性を生じさせること

によって、環境の変化などへの対抗の為のリスク管理上有利にする

為であるとのことである。

この言葉は、組織論に通じる深いものだと感じた。


その他、男女の本質的な違い、性的対立、同性内の競争など

興味が尽きない話題で、あっと言う間に、読破してしまった。









「人生の全てのステージで、最大限の幸せを!」
==========================================================
起業・経営改善、契約書・文書作成、インターネット営業支援
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ドリームゲート http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/fullstage/
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei
==========================================================
タグ:男女 進化
posted by itoh_gyosei at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・CD・DVD
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53371892
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック