2011年11月23日

「豊かな心で 豊かな暮らし」




成果主義、自己実現、夢に日付を・・・・などの時代に

小林正観さんは、優しく ブレーキをかけてくれました

面白くないダジャレが聞けないのも残念です

本書は、「小林正観さんの遺稿」にふさわしく

今までの書籍のまとめのような本だと思います

正観さん自身が撮影された山中湖から見た富士山の写真と

「豊かな心で 豊かな暮らし」の文字が、心にしみ渡ります

正観さんのように、頼まれごとを淡々とこなすこと

感謝することだけで やって行くことは 簡単ではないと思いますが

その心は忘れずに 大切にしていたいと 思います

小林正観さんありがとうございました
タグ:小林正観
posted by itoh_gyosei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・CD・DVD
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50765168
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック