2011年08月13日

富の未来(下巻)



問題は多い。しかし決して悲観的になる必要はない


第一の波。農業時代 第二の波。工業化時代 第三の波。情報・知識化時代

かって、第二の波である、産業革命が始まってから、工業化社会の完成まで、
およそ300年を要したように、第三の波。情報・知識化時代の到来も、すんなり
行くものではなく、旧勢力と言うべき工業化時代の遺物とのせめぎあいの中で
変化して行くものである。

米国の凄さは、世界で最も変化に柔軟に対応し、世界の実験場としての役割を
担って来たこと。
また、中国は、第二の波。工業化にのみ力を入れているのではなく、第三の波
への対応をしっかり準備していることに驚かされる。

対して、我が国は、かっての第二の波の成功体験からなかなか抜け切れないこ
とが、じれったく感じた。

同時に、問題解決のヒントが、第二の波以前にあることを知った。
すなわち、第二の波。工業化時代 では当たり前であった制度やシステム、考
え方を疑い、それ以前の時代の制度やシステム、考え方を第三の波。情報・知
識を用いて実現すること。である。

現在の山積みされる問題を考えたとき悲観的になるが、それでも、確実に富は
増えている(現に多くの人間が餓死しないで生きることができるようになった)
ことを著者は語っており、未来に希望を抱かせてくれます。




「あなたの起業を一からサポートします。」
「ぜひ、早い時期からご相談ください」
「IT契約をはじめ、契約書や文書関係のご依頼もお待ちしています」
「人生の全てのステージで、最大限の幸せを!」
==========================================================
起業・経営改善、契約書・文書作成、インターネット営業支援
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ドリームゲート http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/fullstage/
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei
==========================================================


タグ:富の未来
posted by itoh_gyosei at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・CD・DVD
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47342851
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック