2011年04月18日

会計王の使い方 「簡易振替伝票入力を使いこなそう」


手軽な値段だが高機能な会計ソフト「ソリマチ会計王12」の大きな
特徴のひとつに、「多彩な入力方法」にあります。

会計王には、
・簡易振替伝票入力
・振替伝票入力
・出納帳入力
・元帳入力
・エキスパート入力(会計王PROのみの機能)


『「多彩な入力方法」と言っても、結局、後で困るので、振替伝票
入力が一番、その他の機能は使わない』と思われる方も多いかも知
ません。


しかし、会計王の多彩な入力方法は違います!

何故なら、どの入力方法で入力しても、データは同じように利用で
きるからです。

例えば、現金や預金の取引は、出納帳を付ける感覚の出納帳入力で
入力、旅費交通費の入力は元帳入力で、借方(左側)科目を固定し
て入力、売上計上は簡易振替伝票で入力のように、その時々で最も
効率的な方法で入力しても、全て、後で、振替伝票で確認、修正を
行うこともできます。
確認・修正ができるのは、振替伝票入力だけではありません。
どの伝票で入力したものでも、任意の伝票で確認・修正ができるの
です。


こんな「多彩な入力方法」の会計王ですが、「とは言っても、やは
り単式では心もとない。複式で入力したい」と考えられる方も多い
のではないでしょうか?

そんな方にも、「簡易振替伝票入力」はお薦めです。


「簡易振替伝票入力」は、帳簿感覚で、複式入力ができる形式です。
言わば、「仕訳日記帳を付けている」感覚です。

「簡易振替伝票入力」は1行が1伝票と言う考え方の入力形式です。

他の伝票を見ながら、簡単にコピーしたり、記述方法を統一して、
伝票を発行することができます。

「簡易振替伝票入力」は1行が1伝票と言う考え方ですので、
同じ伝票に複数行の仕訳を入れることはできません。
その場合は、まず1行の仕訳を行い、2行目移行を「振替伝票入力」
で行う、と言った利用方法もできます。

とても便利なのは、「簡易振替伝票入力」で入力した伝票が「振替
伝票入力」で確認できますが、逆に、「振替伝票入力」で入力した
複数行の入力データも「簡易振替伝票入力」で確認することができ
るのです。
まさしく、「仕訳日記帳」感覚です。


※なお、会計王の全ての入力データを振替伝票で表示できるようにするには
会計王の設定を変える必要がある場合があります。
→→ その設定方法はこちらを参照してください


会計ソフト(会計王)の導入支援のご依頼と記帳代行のご依頼をお待ちしています!
==========================================================
起業・経営改善、契約書・文書作成、インターネット営業支援
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao

==========================================================
posted by itoh_gyosei at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計王の使い方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44418350
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック