2011年04月11日

会計王の使い方 「月タブ」と「全表示タブ」


会計王の帳簿の画面を開いたときに、まず、目につくのが

左下から続く、

「全表示、4月、5月、6月・・・・・・」 のような

エクセルのシートのような表示です

この月タブを選ぶことで、該当月のみの帳簿を見ることができます。

入力の際には、どの月タブのところで入力しても、実際の伝票の月のシートに

データが飛んで行くので、月タブを意識することなく入力ができます。


基本設定では、帳簿を開くと、直前最後に見たシートが開くような設定になっていますが、

帳簿を開いたときに全ての仕訳が表示できる(=全表示タブ)ような設定に変えることもできます。


帳簿を開いたときに全ての仕訳が表示できるようにするためには、

・帳簿メニューの画面内にある「機能」ボタンを押します
(帳簿メニューの画面に「機能」ボタンが表示されていないときは、Shiftキーを押すと表示
されます)

・「月タブの初期値」の項目で、「全表示タブ」をONします

・以上で、次回から、帳簿を開くと、全てのの仕訳が表示できるようになります



ソリマチ会計王によるパソコン会計導入支援と記帳代行を行っています。
また、メーカー直販サイトより、値引きした金額でソフトの導入および
年間サポートの加入が可能です。お気軽にお問い合わせください。

==========================================================
起業、会社設立、経営改善、契約書・規定・文書作成、WEB規定文書
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao

========================================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計王の使い方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44237968
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック