2011年04月10日

会計王の特徴 「高機能だがシンプルで使いやすい」


「会計王とはどういう会計ソフトですか?」と質問される機会が多くありますが、

 一言で言うと、

「とても高機能で優秀な会計ソフトですが、とても、シンプルな作りをしており

 使いやすい」とお応えしています。


 開発者のこだわり、ポリシーのようなものを強く感じるソフトでもあります。

 
 例えば【導入編】

 基本的な勘定科目のセットが複数用意されており、自社にもっとも

 近そうなものを選んで、利用を始めることができます。

 科目のメンテナンスは、総勘定元帳のような形式で一覧表示されますので

 科目の一覧に対して、追加、削除、修正などを行っていけば、OKです。

 補助科目も各総勘定科目の下に表示されますので、とてもシンプルで分かりやすい

 構造になっています。

(印刷の際も、補助科目の表示をONにすれば、同じ一覧の中に表示されます)


 例えば【日常業務編】

 「簡易振替伝票入力」「振替伝票入力」「出納帳入力」「元帳(入力)」

 (「エキスパート入力=会計王PROのみの機能)等、どの「入力」方法で入力しても

 仕訳は共通です。自分の「好み」の帳簿で入力しましょう。

 おもしろいのは、これらの便利な「入力機能」は主に「入力」に利用することが

 前提です。入力後は、強力な検索機能を有した「仕訳日記帳」や「元帳」を使いこなす

 ことにバトンタッチするような仕組みになっています。

 特に、「仕訳日記帳」の役割が非常に高い会計ソフトです。 
 
 伝票1枚1枚を入力→出力→チェックと言う考え方をしていると違和感を感じます。

 会計王では、
 帳簿を付ける感覚で都度効率的な方法でとにかく入力→日記帳でまとめて出力
 →まとめてチェック と言った考えに変えれば、効率は数段アップします。

 

 例えば【管理・分析編】

 減価償却、手形管理、資金繰り、(キャッシュフロー計算書=会計王PROのみの機能)等

 会計王の付属の機能は、会計ソフトの「おまけ」的に考えがちですが、会計王の場合は
 
 何れも、その高機能さにビックリします。

 簡単に利用できるように、半ば自動のような機能が付いていますが、それだけではなく

 本格的に利用したいユーザーには、細かな設定ができるような仕組みになっています。

 減価償却では、きちんとした資産台帳を作ることができます。償却途中の資産も自動で

 計算してくれます。

 手形管理では、期日ごとや、客先ごと、銀行ごとなど様々な条件で管理出力ができます。

 キャッシュフロー計算書(=会計王PROのみの機能)では、

 いきなり簡易的に自動で計算することもできますが

 細かな設定、仕訳をユーザーが行えば、正確なキャッシュフロー計算書が作成できます。


 
 と言うように、会計王はただ安いだけではない、優しさと力強さを兼ね備えた素晴らしい
 
 会計ソフトで、「使えば使うほど、この個性に愛着を感じる」楽しい会計ソフトです。



ソリマチ会計王によるパソコン会計導入支援と記帳代行を行っています。
また、メーカー直販サイトより、値引きした金額でソフトの導入および
年間サポートの加入が可能です。お気軽にお問い合わせください。

==========================================================
起業、会社設立、経営改善、契約書・規定・文書作成、WEB規定文書
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao

========================================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計王の使い方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44237801
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック