2010年04月22日

弱者の戦略 「選択と集中と言うけれど」

一般に「弱者」が市場の中で生き残っていく「戦略」としては

「選択」と「集中」が良いと言われています。

つまり、限られた経営資源(金と時間が最も大きい)を

総花的に投入しても、「戦力」的にとても弱い。

限られた分野に「集中、特化せよ」と言う意味です。

また、マーケティング的にも、特化が個性であり

顧客のインパクトを引くものであり

逆に何でもやれますは中途半場と捉えやすいと言われます。

確かに、経営資源の効率的な配分のための「選択と集中」は、

理屈では理解できますが、現実にはなかなか難しい場合も多いと

思います。

まず、何に「選択と集中」したら良いのか分からない

仮に、思い切って、ひとつのものに「選択と集中」したのは良いが

それがハズレた場合、あまりにもリスクが大きい

「一発勝負」にかけることになってしまうかも知れない 等


このように、事業の分野を明確には「選択と集中」ができない場合

でも、「選択と集中」の方策はあります。


それは、「対象顧客」の「選択と集中」です

つまり、自らの事業がターゲットとする顧客を何らかの方法

(例えば、地域、年齢や性別、ライフスタイル、指向、業種、企業姿勢、企業規模・・・・)

で、明確化し、集中した「対象顧客」に対しては、比較的広めに

お客さんのリクエストに総合的に応えて行くと言うビジネスです


言わば、新しい時代の「御用聞き」商法かも知れません

かっこよく言えば、サポーターあるいは、パートナーでしょうか?


何れにしても、このような貴方を必要とする顧客を

事業規模に見合うだけ確保すれば、あなたの事業は成り立つことに

なります。


==========================================================
起業支援、契約書・文書作成、経営改善コンサルタント
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao

機械設計、機械加工、機械開発のフルステージ
==========================================================







posted by itoh_gyosei at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37319763
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック