2010年04月18日

TOC、制約条件、ボトルネック

TOC (theory of constraints)とは、制約条件の理論 と言われるものです。

問題を解決する際に、その問題の根本的な原因(制約条件)=ボトムネック
と言う を見つけ出し、制約条件の解決を最優先すべきと言う考え方です。

例えば、ある製品の製造ラインを考える際、その製品の製造可能数量は、
このラインの中で一番スピードが遅い工程のスピードで決まります。
この一番遅い工程のことをボトムネックと言います。

生産能力を増強したいと考える場合は、このボトムネック工程の生産スピー
ド早めることが最優先課題となります。

この工程の能力が増強され、新たなボトムネック工程が発生したら、その工
程の増強を行うことが次の優先課題となります。


以上のように、全体の能力を決めているボトムネック(制約条件)を見つけ、
そのボトムネック対策を他に優先して行うのが、TOC理論です。


上記の例では生産ラインの場合で述べていますが、様々な能力の限界には、
その能力の限界を決めているボトムネック(制約条件)があり、そのボトム
ネック(制約条件)を解決することが大切です。


==========================================================
起業支援、契約書・文書作成、経営改善コンサルタント
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao

機械設計、機械加工、機械開発のフルステージ
==========================================================

posted by itoh_gyosei at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業経営
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37206691
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック