2020年09月27日

起業ブログ2020 第5回 起業とお金の話(2)値段の決め方


IMG_1986.jpg

前回の起業ブログ、第4回目のテーマは、
「お金の使い方」でした。

ビジネスにおいて、お金の使い方が大切である話をしました。
ビジネスとは、お金を使って、価値を創り、それを売ること
だからです。無駄遣いはいけませんが、けちることで、価値が
創れないのであればビジネスをやっている意味がありません。

また、同じような商品やサービスにおいて、単に安いものを
選ぶのも危険です。
高い方、安い方、それなりに理由がある場合が多いからです。
その理由を知り、しっかり納得してから購入先を決めることが
ビジネスでは大切です。

さて、今回は、起業とお金に関する重要な話の第2弾です

(2)値段の決め方

前回、値段の高い、安いには、それなりの理由があると言いました。
では、その理由に基づき、値段を決める方法を考えてみましょう。

理由とは、その値段でお客さんがあなたのサービスや商品を
買う理由です。その理由に基づき価格を決めて、それで売れれば
その理由があっているということになりますし、それでは売れない
のであれば、理由が間違っているからです。

では、その理由をどうやって考えて行けば良いのでしょうか?


@市場価格から±α で考える

あなたの商品やサービスに似たものの値段から考える方法です。
ここで、あなたの商品やサービスが斬新なものである場合に、
「似たものがない」と考えるのは早計です。
どんな人にどんな価値を提供するのか?
それはどんなものと競合するのか?
考えることによって、適正な価格が見いだされるものです。

ここで大切なのは、あくまで、こちらの事情ではなく、
お客さんの立場で考えることです。

さらに±α部分は、自社のビジネスモデルや客層などを考慮して
値段を考えます。

市場より割安にして集客する方法
市場より価値のあるものを提供して割高で選客する方法

等々・・・前回、値段には理由がありますと言いますが、
その理由が、顧客が納得できるものであることが大切です



A当社の事情で考える

あなたの商品やサービスの原価に、この商売であなたが
生きて行くために、必要な利益を加算して金額を決める方法です。

この方法では、市場を全く無視していますので、
高すぎて売れない。逆に 安すぎてもっと高くしても売れる
の現象に陥るリスクがあります。


B@とAのバランスで考える

結局、@を中心に、Aで検証をしながら、価格を決めることが
現実的であると言えます。





ブルーバード行政書士事務所
井藤真生
posted by itoh_gyosei at 00:00| 起業相談