2018年06月13日

「看板を磨く。」とお客さんが来る!?


748668.jpg

「看板」の意味を調べてみました。


1.商店・劇場などが(その建物の正面などに)、
屋号・広告などを書いて掲げ、通行人の目につくようにした板。
そのままの看板ですね!(笑)


2.転じて、人の注意を引くための題目、スローガンやもの。
「看板メニュー」「看板選手」

なるほど、人の注意を集めることから来ているんですね。


3.飲食店・酒場などが、その日の営業を終えること。
「本日は看板です。」←「本日はもう看板をしまいます」

人の注意を集めるようなものをしまうとは、確かに、閉店ですね。


看板とは、人の注意を集めうモノ・・・・であるならば、

本日の職場の教養にあったように、「看板を磨いたらお客さんが来た」。

・・・は、最もな話ですね。




ところで、現代版ITの世界での看板と言えば

ホームページのバナーですね。

人の注意をひくように、磨いておくことが大切ですね。










この内容は、「職場の教養」2018年6月13日(水)のコラムから、

気づいたことを掲載していますが、本文の内容とはあまり関係ありません。 


kigyosemiannai_s.jpg

hon.jpg




===============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================









posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル