2018年06月08日

物はこれを生かす人に集まる。得るは捨つるにある。


978394.jpg

物には、その役割があります。

机なら、書類を読んだり、作成するところ。

椅子なら、座るところ。

のように。

物を生かすとは、その役割を発揮させることです。

もう役割が終わった物なら処分すべきです。

処分とは、捨てるか、誰かに譲るか、いずれにしても手放すことです。


物が処分できないのは、いずれまた、役割があるのではないかという予感です。

その予感が当たるか否かが難しい問題ですね。いつか?と言っていても、

そんな日は来ないかも知れません。

投資の世界で、損切りという言葉がありますが、どうしても処分できない、

いつかいるかも知れない物は、期限を決めて、保管しておくのが良いかも知れません。


何にしても、新しい物を手に入れたいのであれば、古い物に固着するのではなく、

手離す勇気が大切だということを認識していたいと思います。




この内容は、「職場の教養」2018年6月8日(金)のコラムから、気づいたことを掲載しています。

ただし、著作権の問題がある為、職場の教養の内容は掲載しておりません。 


kigyosemiannai_s.jpg

hon.jpg




===============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================









posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル