2018年01月19日

(行動指針8)個人と組織の主体性と協調性のバランス


行動指針.JPG


今年の行動指針10カ条を作成しましたので、順番に紹介して行きたいと思います。


8.個人と組織の主体性と協調性のバランス



日本の企業の社長が新入社員に最も求める特性は、「主体性」だそうです。

一方、アメリカの日本の企業の社長が新入社員に最も求める特性は、「協調性」だそうです。

無いものねだりのようでおもしろいですね。


事実、日本で、多くの社長、経営者が社員に求めることとして、「自主性」や「主体性」が

上げられる場合が多いと思います。しかしながら、社員にも言い分やあるようで、

「自由に意見を言ってくれ」と言われて意見を言うと、頭ごなしに否定される。等

これに良く似た意見も聞かれます。

「本当に主体性を求めているのですか?」

「あなたの求めている主体性とはどんなことを言うのですか?」など

コンセンサンスを得ておくことが大切です。


一方、個人が主体性を発揮する為には、

その、組織に、なじんでいることが大切です。

すなわち、協調性を発揮して、組織の一員として、自身が溶け込んでから

初めて、影響力を持った 個性を発揮することができるのです。



組織としての主体性を発揮する為には、

互いに、主体性を尊重し合う、協調性が不可欠です。


主体性と協調性のバランスが大切ですね。




hon.jpg




=============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================
posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営