2018年01月11日

(行動指針4)個人の能力(個性)を生かし、適材適所を実現する


行動指針.JPG


今年の行動指針10カ条を作成しましたので、順番に紹介して行きたいと思います。


4.個人の能力(個性)を生かし、適材適所を実現する


日本の生産性が先進国の中で最下位と言われて久しい。

様々な理由があるだろうが、その結果として、

日本人の能力が低い訳ではなく、日本の職場で、

個人の能力が効率的に活かされていない と言える。

適材適所とは、まさしく、ジャストインタイム。

組織や社会全体で、必要な能力を必要な時と場合に

提供できるようにすることである。

このことは、セルフマネジメントにおいても言える。

つまり、自身のその都度その時々の状況に合った

場所、方法で、各人の個性を発揮すれば良いのであって、

組織や社会はその手伝いをすれば良いのである。





hon.jpg




=============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営