2018年01月10日

4人目のレンガ職人


レンガ.JPG


社員研修などの機会でよく使われる3人のレンガ職人のお話です。

旅人がある町で次々と出会う3人のレンガ職人と話をします。

旅人は3人に対して、同じ質問をします。


「あなたは、ここで何をしているんですか?」


1人目のレンガ職人は答えます。

「見ればわかるだろう。レンガ積みをしているのさ。

毎日毎日、1日中レンガ積みで疲れる。

なんでオレはこんなことをしなければならないのか、

全くくついてない。」

旅人は、「それは大変ですね」とねぎらいの言葉をかけました。


2人目のレンガ職人は、1人目よりは疲れていないようです。

2人目のレンガ職人にも同じ質問をします、

2人目のレンガ職人は答えます。

「ここで大きな壁を作っているんだよ。これがオレの仕事さ。

旅人は「それは大変ですね」と、いたわりの言葉をかけました。

すると,意外な言葉が返ってきました。

「なんてことはないよ。この仕事でオレは家族を養ってるんだ。

この仕事があるから家族全員が食べていけるのだから、

大変だなんて言ったらバチが当たるよ。」


3人目のレンガ職人は、いきいきと楽しそうにレンガを積んでい

ました。

3人目のレンガ職人にも同じ質問をします、

3人目のレンガ職人は答えます。

「教会を作っているのです。この教会が完成すると多くの信者が

喜ぶことでしょう。こんな仕事に就けて幸せです」と

笑顔で答えました。


同じ仕事であっても、働いている本人の考え方次第で

苦痛になったり、幸福になったり感じ方が異なるお話です。



ところで、この話を聞いた際から、前々から思ったのですが、

この話は外国のお話です。もし、この旅人が日本に来ていたら、

きっと、4人目のレンガ職人に出会うことができたでしょう。

4人目のレンガ職人は、3人目のレンガ職人ほど外から見て

分かるように、いきいきと楽しそうに働いているようには

見えませんが、しかし、その眼は、今までの3人にないほど真剣で、

レンガを見つめています。その真剣さから旅人は声をかけるのを

しりごむのですが、思い切って、同じ質問をします。

すると、その4人目の職人は、意外にも優しい目をして

答えてくれました。

「なあ、見て見ろ。このレンガ素敵じゃないか?

このレンガたちに、ひとつひとつと真剣に向き合うことが

私の人生さ」

周りの人に聞いて分かったのですが、彼は、プロ中のプロのレンガ職人

レンガのことなら彼の右に出る人はいないとのことでした。


さあ、どうでしたでょうか?

あなたは、何人目のレンガ職人が好きですか?












hon.jpg




===============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================



posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営