2017年11月25日

フランチャイズ契約書の上手な作り方。


フランチャイズシステムの展開は、

以下のような流れになることが一般的です。


1)まず、自社(直営店)で事業を始める。

    ↓

2)身近な他者がフランチャイズ第1号となる。
  (以降、限定的な展開を行う。)

    ↓

3)ある程度の実績が出来た後、広く、一般に
  加盟店募集を行う。



この1)〜3)の流れが、早く、急速に店舗を増やして行くパターン

もあれば、2)の段階で、ひたすら、ゆっくり展開をして行くパターンが

あるようです。


最初のうちは、試行錯誤しながら、自社(直営店)の取組をノウハウとして

パッケージ化して行く作業が、大切です。


自社のフランチャイズパッケージを契約書及び法定開示書面として、

まとめて行けば良いでしょう。


これらの書面は、当初は、運営のために最低限必要な内容と法定事項をクリア

することを主眼として、作れば良いでしょう。

次第に、自社のフランチャイズシステムのPR書類としての要素を加えて行くこと

を考えて行くべきではないかと思います。


フランチャイズ契約書の作成、法定開示書面の作成

のご依頼をお待ちしております。





輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。
あなたの思いを実現するための契約書・規約・文書を作成します。





hon.jpg




===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| 契約書、法律