2017年11月23日

主体的に行動する方法。真に自由に生きること


自由にどうぞ


人の行動は、心が、脳に命令して、脳が身体に命令することに

よって行なわれます。


従って、大切なのは、心がどう感じるかにかかっています。

主体的でない人のことを反応的な人と言うようですが、

反応的な人は、刺激に対して、心がとっさに敏感に反応してしまい

「つい」早計に、自身の本心とは異なるような行動をしてしまいます。


一方、反応的でない人、つまり、主体的な人は、

「何らかの刺激」に対して、脳の前半分を使い、素直に事実のみを的確に

把握します。そして、脳の後ろ半分が自身の心と対話をします。

結果、何の為にどのように行動するかを決定し、目的をしっかり

意識して、行動することになるのです。


上記の「何らかの刺激」のところですが、外部からの人や環境等からの

刺激と普通考えられますが、自身の内(身体、脳、心)からあふれ出る

刺激に対しても、全く、同じことが言えます。


真に自由な人とは、反応的にならずに、自分の本当の心(本心)の命ずるが

ままに行動する人
であり、不自由な人とは、反応的に、自分の本当の心

(本心)とは違う目的で、人生を生きている人だと思います。




※上記の文章は、「7つの習慣」「アドラーの目的論」「万人幸福の栞」
「反応しない練習」等から学んだことを経ての自身の思いです。





hon.jpg




===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル