2017年11月15日

契約書を作りたいが未確定な事項が多い。さあどうする?


契約書作成


■上記の画像をクリックすると、契約書作成ページにリンクします。


(質問)

パートナーとの重要な案件が決まって、契約書を作りたいんだが、

まだ、決まってないことが多くて。決まってから、契約書にすれば

良いでしょうか?


(回答)

数回の打ち合わせなどで、決め事を決定できるようであれば、

その打ち合わせを経て後、契約書を作成すれば良いでしょう。

しかしながら、契約書で決めたいことを全て決めるにはまだ、かなり

時間がかかりそう。そもそも、実際に、話が決まってから、具体的な

内容に入ってからでないと決められないこともあるかも知れませんね。


そんな時は、現段階で、決まっていることを明記した上で、決まって

いないことは、今後、どんな予定で決めて行くのか、決め方を期限付

で、定めるのが、賢い契約書の作成の仕方です。


場合によっては、今決まっているつもりのことも、今後のプロセスで

変更になる可能性もあるかも知れませんね。かと言って、何でも

勝手にどんどん変更されてもお互いに困るかも知れませんね。

そんな場合は、変更の仕方を契約書に明記しておけば良いのです。


複雑な案件でありながら、未定事項が多い為に、ぐずぐずと口約束

だけで物事にあたり、後であわてて、契約書を作成するような

パターンもよく見受けられますが、上記のように、ポイントポイント

で契約書を作成し、さらに、次の契約書へバージョンアップして行く

予定のことを契約書へ明記し、しかし、新しい契約書ができるまでは

こちらの契約書が有効な旨も明記した上で、契約書を作成すれば良いでしょう。


あなたの思いを契約書にします。

お気軽にご相談ください。



hon.jpg




===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| 契約書、法律