2017年11月02日

特定商取引法対応の契約書の作成


特定商取引法

特定商取引法に対応した契約書を作成していますか?


特定商取引法は、いわゆる「悪徳業者」等による消費者トラブルが

発生しやすい取引において、 消費者を保護する為の法律であり、事業者は、

特定商取引法に決められたルールに基づき取引を行わければなりません。


特定商取引法に基づく契約書面が適正に取り交わされた取引でない場合

消費者は、いつでも、クーリングオフ(過去に遡って解約)することが

できます。このクーリングオフは、非常に強力で、例えば、リフォーム工事

ならば、原状復帰まで含まれています。


備えあれば、憂いなし、きちんと法律を守り、契約書面を準備し

適正な取引をしましょう。



あなたの思いを文書にします。













===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| 契約書、法律