2017年08月17日

仮契約を結んだのですが、解約できますか?


product_img_f_1894109.jpg

最近、電話無料相談で、頂いたご質問です。

(質問の要約)

仮契約書の後、あるサービスの申込みで、お金を振り込んだのですが、

まだ、本契約をしていないので、お金は返してもらえないのでしょうか?

(回答)

訪問販売や電話勧誘販売、あるいは、ネットワークビジネスや一部の

エステ、英会話、結婚相談所などのビジネスの場合(この場合は、特別

に「クーリングオフ制度」があります。)などを除き、普通の契約では

その、あなたが、記名、押印した仮契約書に書いてある規定に従うこと

となります。例えば、本契約までの間に、解約ができると書いてあれば

解約をすることができますが、特にそのような規定がない場合は、仮契約

だからと言って解約が自由にできる訳ではありません。

(解説)

「仮契約」とか「内示契約」などという言葉、実は、法律用語ではありません。

そもそも、契約とは、契約書のような文書でなくとも、口頭でも、どんな

形式であっても、当事者間の意思表示の一致のみで成立するものです。

契約書面においては、書面のタイトルには、大きな意味はありません。

「仮契約書」「内示契約書」あるいは「覚書」「メモ」「備忘録」

はたまた、特にタイトルの記載がなくとも、契約書で大切なのは、その契約書で

何が決められているか、誰と誰がいつ決めたか、の3つの要素です。

従って、タイトルに惑わされることなく、中身に注意することが重要です。




===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================



posted by itoh_gyosei at 00:00| 契約書、法律