2016年11月16日

(契約書作成の目的)良き取引関係を築くために!〜本来の目的があります。


073202.jpg


ビジネスにおいて、契約とは顧客や取引先などとの対外的な約束のことを言います。

お客さんから注文を頂くこと(契約をすること≒契約書に印をもらうこと)は
営業活動の日常的な目的と言っても良いでしょう。

例えば、取引先と継続的な取引契約を結ぶこと。
新規提携先と販売や開発製造などの拡販の為の契約を結ぶこと。
新しい設備やシステムを導入すること。これらは全て契約です。
これらの契約を文書にしたものが契約書です。

契約は、必ずしも文書でしなくても、口頭であっても成立します。
しかしながら、ビジネスにおいて大事な契約を文書にする=契約書を作成する意味は、
「大事な契約の目的がよりよく確かに実現するようにしたい」
と言う当事者間の思いがあるからこそです。





輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://wlb.support/
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================


posted by itoh_gyosei at 00:00| 契約書、法律