2016年11月04日

人生のビジネスモデル


game_sugoroku.png

人はみな自分会社(あるいは自分事業者)の経営者だと言うことができます。

自分自身をどう運営して行くのかが大切です。
どんな価値観で何を行い何を楽しむのも自由な時代ですが、
ビジネスにおいて利益がなければミッション(経営理念)が実践できないように、
個人にとっては、食っていくこと、生活していくこと、生存していくこと
がベースにあっての人生です。つまり、
何らかの収益を得ていかなければ、最低限の生活さえ、営むことができません。

このような、自分会社が収益を得て行く仕組みのこと、あるいは、
生きていくための仕組みのことを人生のビジネスモデルと考えましょう。

「私には人生のビジネスモデルなどありません」と考える人がいるかも知れません。
しかし、実存するビジネスには必ずビジネスモデルがあるように、
人が生きてる限りは、その人が生きていけている仕組みはある訳で、
本人が意識しているか意識していないかにもかかわらず、
生存している限りは、必ず、人生のビジネスモデルはあります。

例えば、「給料が高そうな会社の面接を受けて、入社できた会社で働く」ことを
ビジネスモデルとしている人もいれば、
「会社の期待に応えて成果を上げること」をビジネスモデルにしている人、
「上司に気に入られて、昇給を得る」のもビジネスモデルです。
「親に甘えて、上手にこずかいをもらう」のもビジネスモデルです。
天性の勘の良さ、性格の良さで、成り行きのビジネスモデルで十分、
素晴らしいビジネスモデルが出来上がっている人もいると思います。

それはそれで素晴らしいことだと思います。
しかし、思うように上手く行かないとき、あるいは、
今までの自分から新たな飛躍をしたいと考えたとき、大切なツールである、
現状の自身のビジネスモデルを分析して、
新たなビジネスモデルを構築して行こうと言う意識で、
ことに当たることは、時には有益なアプローチ方法だと思います。

英語で、経営学のことを Business administration と言いますが、
直訳すると、事業管理学、
Businessの部分を個人に代えれば、Self administration、
政府に代えれば Public administration(行政学)。

管理する対象が異なりますが、管理の本質は同じです。
その管理主体が生きていくための仕組みが前述でいうところのビジネスモデルです。




輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://wlb.support/
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================




posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル