2016年11月02日

ビジネスモデルとニーズの関係


b082_2.jpg

ビジネスモデルは、事業の目的(ミッション)を実現するための手段ですが、
一方で、客先からすれば、あなたのビジネスモデルでニーズを満たされることで、
あなたのビジネスモデルを支持することになります。

従って、ビジネスモデルでは、
「顧客のニーズに合った、価値をいかに提供するか」が大きな意味を持ちます。

そのための前提として、あなたのビジネスモデルにおいて、
あなたの顧客が一体誰なのかを明確とすることが大切になります。

顧客が誰なのかを明確にすることで、
提供すべき価値、すなわちニーズが分かるのです。

実際、顧客を定義するだけで個性的なビジネスモデルができる可能性もあります。
例えば、賃貸住宅の新しいビジネスモデルを考えようとするとき、
対象とする顧客を「子育て中の世帯」と決めれば、
「子育て中の世代専用の賃貸住宅」を企画することができます。

対象とする顧客を「婚活世代の独身男女」と決めれば、
「婚活中の独身男女専用賃貸住宅」を企画することもできます。

はたまた、顧客を「引きこもりの方」と決めれば、
「引きこもり専用の賃貸住宅」を企画することもできます。

このように、対象とする顧客が異なれば、
そのニーズも異なりますので、ひとつのビジネスモデルで対応することはできません。
従って、通常は、対象とする顧客ごと(ニーズごと)に、
異なるビジネスモデルを企画することになります。




輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

===============================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://wlb.support/
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================



posted by itoh_gyosei at 00:00| 起業相談