2016年10月18日

これからの企業。制約社員の活躍がカギ


24時間365日働けますか?は、はるか昔の話。

そもそも残業を厭わないで、滅私奉公する時代ではなくなりつつあります。

雇用者側も、従業員に滅私奉公されても、多くの企業では

彼ら彼女らの一生の面倒を見ることができる時代でなくなりました。

会社の平均寿命が30年と言われる時代になりました。

多くの人が会社の平均寿命より長く働くと言うことは、一生涯一社に

務めることは半数以下の人しかできません。


このような時代においては、1日のあるいは1週間のあるいは1月のあるいは

1年のあるいは人生のある期間に限って、個人の能力を確実に発揮する。

そのような終身雇用とは対極の限定雇用、勤務時間に制約のある社員が

いかに力を発揮するか? いかに有効に力を発揮させるか?

このテーマが、これからの企業の、採用や人事政策、経営戦略において

とてもカギとなります。


輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

=================================================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://wlb.support/
フェイスブックはこちら https://www.facebook.com/bluebird.org

=================================================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営