2016年10月17日

代金請求の極意


どんな事業においても必ずあるのが代金の請求業務。

完全前金制度と割り切れる場合が良いが、相手に不安を与えることにもなる。

回収遅延の発生において、クレームなど明確な理由がある場合は、

そのクレーム対策と併せた交渉となるので、ケースバイケースとなろう。

契約でどのように定めてあるのかが大切な問題である。

一方で、もうひとつ厄介なのが、明らかに、相手に非があるのだが、

期日が来ても代金が払ってもらえない場合である。

多くの場合、催促すると、すぐ払いますとか、いついつ払いますとかの

回答があるものだが、それがそのまま実行されないのが厄介である。

そのような場合の対処は、とにかく粘り強くコツコツと、冷静に。

怒るのは最後にとっておこう。できるだけ丁寧に、しかし言うべきことは

きっちりと、何度も何度も催促を続けることである。

メールやショートメール、郵便など様々な方法をくしすることも大切である。

徐々に文書は厳しく、言葉は優しく。使い分けて行くのも得策である。

どうしても駄目な場合は、書留郵便や内容証明郵便、それでもダメなら

簡易裁判所の支払い督促などを利用するのが良いだろう。

ただし、相手の経営状態に不安がある場合は、一刻を争うので、素早い

行動が大切である。


https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=16573



輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

=================================================================

【起業支援アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://wlb.support/
フェイスブックはこちら https://www.facebook.com/bluebird.org

=================================================================
posted by itoh_gyosei at 00:00| 役立つ豆知識