2016年05月05日

分かりやすい規約を作るコツ。条項の順番にこだわる。


b1-3.pngb2-3-1.png

利用規約、会員規約などの規約を作成する際に、記述の方法に

こうでなければならないと言うような規則がある訳ではありません。

しかしながら、良い規約とは、読み易くて、分かりやすい、

全体を流れで理解できるような構成になっています。

また、後で、規約を読む際にも、だいたいどのことがどのあたりに

書いてあるかが事前に予想がつくことも特徴です。



規約の流れは、人が理解しやすいような構成とする為、

1)全体的なことを先に、部分的なことを後ろへ

2)時系列に考えて、先に起こることを前に、後で起こることを後ろに

3)通常のことを先に、イレギュラーなことを後ろに

のような、暗黙の原則があります。


1)全体的なことを先に、部分的なことを後ろへ

規約の目的や、適用範囲、言葉の定義などを最初に置き、個々の

事項はその後へ続けます。


2)時系列に考えて、先に起こることを前に、後で起こることを後ろに

例えば、入会手続きから順次、入会後の手続、その後の更新手続きなど

具体的どんな順で行動を行うかの順番で並べます。

但し、必ずしも、時系列にすれば良いと言うモノではなく、全体の構成上

の流れから、例えば、入会手続きの次に退会手続きを置くという考え方も

あります。これらは、ケースバイケースだと考えてください。


3)通常のことを先に、イレギュラーなことを後ろに

普通に問題なく行く流れを先に書き、トラブルや異常などは後ろに置くのが

原則です。しかしながら、上記の1)2)との関係から、通常のことのすぐ

後ろにその通常のことに関するイレギュラーなことを置く場合もあります。

例えば、入会手続きの後に、入会が拒否される場合のことを書くような場合

です。


以上のような原則を理解した上で、自身の作成した規約がどのような考えで

構成をしているのかを意識することが大切です。








輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」を応援しています。

=================================================================

【契約書作成、起業支援、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://wlb.support/
フェイスブックはこちら https://www.facebook.com/bluebird.org

=================================================================
posted by itoh_gyosei at 00:00| 規約、会則、定款、文書