2018年08月19日

反応的にならず、主体的な判断や行動をするコツ。5つのステップ


88009b095e3914b5b5e5fe162103bd48_s.jpg

つい、○○をしてしまった。(するべきことをしなかった)

××のせいで、○○してしまった。(することができなかった)

と、言う、時はおくりたくないものですね。


自分の人生、自分の時間、できれば、楽しく送りたいものですね。

もちろん、「時の流れに身を任せる」ことも、良い場合もあるでしょうが、

そんな場合も、自分の意思で、「身を任せること」を選びたいと思います。

他者の言うことを聞きたくないという意味ではありません。

誰かからの頼みごとであったら、その頼まれごとを、

自分の意思で、喜んで、対応したい。 

と言うことです。


人が思ったことや行動は、全て、自分の心が決めています。

自分の心が、何らかの目的をもって、何らかの思いや行動をするように

自身の脳や身体に命令した結果です。

それなのに、なぜ、後で、後悔する、あるいは、不本意な行動を

してしまうのでしょうか?あるいは、思いを持ってしまうのでしょうか?


それは、自分の心の中の95%は、無意識(潜在意識)の世界であり、

顕在意識は5%に過ぎないからだそうです。

例えば、「呼吸がしたい」と顕在意識が思う前に、潜在意識がそう思い

自身の脳を通じて身体へ呼吸をするように命令しています。

いわば、自動操縦のようですね。


この自動操縦の機能があるので、人間(生き物)は、生存することが

できると言っても過言ではないでしょう。

しかし、この潜在意識の主目的は、生存すること、つまり、今の状態を

守ること、身を守ることにありますので、変化を拒絶する性格がある

そうです。


しかしながら、人間には、自由な意思で、新しいことにチャレンジしたり

自己成長、変化を主体的に起こしていきたい欲求があります。

自分の本来の望む心のままに思い、行動するためには、潜在意識を

説得することが大切です。

従って、つい、潜在意識が、拒絶行動や、自己保身行動への働きかけへ

心が反応してしまうのを停止させ、自身の意思の方へ、考えや行動を

移すことで、思うがままを実現していきましょう。

その為の5つのステップを考えてみました。


1.何かあったらすぐ反応せず、一瞬でも良いので、間をおきましょう

潜在意識の即行即止ぐせに少し待ってもらいましょう。

冷静さを取り戻す一番の薬は時間です。


2.冷静になったら、できるだけ客観的に事態を把握しましょう

評価や感情は極力排し、何がどうなっているのかを客観視し、その事実を

認めましょう。 (この行為を明らかにして+許す=あきらめる といいます)

ここで、現状認識の幅が、楽観的な場合と悲観的な場合がありますが、

そんな時は、最善の場合で○○、最悪の場合で○○のような幅をもって

客観視すれば良いでしょう


3.次に、自身の気持ちをできるだけ客観的に把握しましょう

第2ステップの現状把握を客観的におこなった状態で、

では、自分の気持ちはどう思っているのか? を冷静に把握しましょう。

こちらも、必ずしも、気持ちをひとつに決める必要はありません。

気持ちに、幅があるのであれば、そのような幅があることを素直に

客観視すれば良いでしょう


4.ここで、いよいよ、どうするかを決断しましょう

状況と自身の気持ちを客観的に理解した上で、自分は、何の為に

どうしたいのか、決断しましょう。ここで大切なのは、目的です。

自分はどんな目的を持ち、そのためにどうするのかを決めるのです。


5.決断に従い、行動しましょう

行動が揺らぐ場合は、前ステップの何れかをやり直すことが必要かも

知れません。



hon.jpg




===============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================







posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル

2018年08月02日

過去は「今のままで良かったんだよ」、これからは自分次第だよ


569168.jpg

今のままで良かったんだよ。

今までの、他人や自分の行動や考え方について、あれこれ悩んでも仕方がない。

そうであったのは、今までの目的や事情が合ったから、それで最適だったんだよ。

忘れやすいのも、怒りっぽいのもみんな、必要があったからだよ。

だから、100%認めてあげましょう。これで良かったんだよ。


さあ、それはそうとして、

さて、これからどうするかは自分次第

今までの、他人や自分のことが全て、これで良かったように、

今から、どうするかは、自身の思う目的次第だよ。

今までで良いことは、今までどおりすれば良いし

変化したいことは、自ら変化すれば良い。

 



hon.jpg




===============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================









posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル