2018年06月09日

6月9日はロックの日。ロックが発見できれば、そのカギを開けることができます。


1022873.jpg

2018年6月9日の職場の教養に寄れば、今日6月9日はロックの日だそうです。

音楽のロック、ロックンロールの日でもあるようですが、そのロックでは

なく、Rの方ではなく、Lの方のロック。そう Lock に関するお話です。

「日本ロックセキュリティ協同組合」のホームページに寄れば、

一般家庭におけるカギの見直しと防犯意識の啓発を目的とし、

2001年に6月9日を「我が家のカギを見直すロックの日」と制定、

国民の皆様の防犯意識の向上と錠をはじめとする

各種防犯機器の正しい情報の提供を行って参りました。 とのことです。


日本語で、「鍵」というと、カギをあける持ち歩く方を言う場合と、

それによって、ロックがされたり、開閉されたりする側(「錠」という)

あるいは、鍵と錠の両方セット(「錠前」という)のことを言う場合が

あります。

一方、英語では、締まる方は、文字通り ロックであり(「錠」のこと)

それを締めたり、開けたり 操作する物が、キー(「鍵」のこと)である。

よく、「カギを締めておいて」というところ、年配者は

「錠をかっておいて」と等と言いましたが、言葉としては、年配者の方が

正しいようですね。面白いですね。


ここで、話を 英語に 移すと、キーとは、カギ(正式には錠)を開けたり

閉めたり操作するモノであり、いわゆる、カギのカタチをしている必要は

なく、ピアノやパソコンのキーボード のような使い方もされます。また、

キーポイントとか、キーワードとか、何か課題なり問題の正解に近づく

重要な「カギ」のことを 「キー」と言うようです。


多分に、難しい問題とは、何が問題なのか分からないことによる場合が

多くあります。キー以前に、ロックを探すことが難しいこと。

ロックさえ見つかれば、それに合う キーは既にあなたは持っているか

あるいは、簡単に誰かから入手することが可能かも知れませんね。











この内容は、「職場の教養」2018年6月9日(金)のコラムから、気づいたことを掲載しています。

ただし、著作権の問題がある為、職場の教養の内容は掲載しておりません。 


kigyosemiannai_s.jpg

hon.jpg




===============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================








posted by itoh_gyosei at 00:43| ライフスタイル