2018年01月20日

契約書作成でもっとも大切な3つのこと

865729.jpg

当事務所では、事業者用の契約書や規約などの文書の作成を専門に

行なっています。ということで、契約書作成で最も大切なこと3つ

を考えてみましたのでお伝えします。


第1位  誰と契約するか?

契約書作成で最も大切なこと第1位は、契約をする相手のことです。

契約とは、法的に有効な約束のことです。いくら法的に有効だと

いっても、相手に守る気がなくては、意味をなしません。

契約関係を尊重し、積極的に貢献し合える人と契約したいですね。


第2位  契約の目的が実現できること

相手と何らかの法的な関係を今新たに設けようとしているのは、

何らかの目的があるからです。例えば、売買契約書であれば、

何かを売りたい人と買いたい人の共同作業です。

双方ができるだけ満足できるような売買がしたいですね。


例えば、営業提携契約書であれば、互いの得意分野で貢献し

互いの業績を上げることが契約の目的ですね。

このように、契約には必ず、その目的があり、その目的を

より良く実現できるような契約書になっていることが大切ですね。


例えば、営業マンの目的は、極端な言い方をすれば、お客さんから

売買契約書やサービスの受託契約書に注文承諾の印鑑を押してもらう

ことだと捉えることができます。そう考えますと、営業マンが、

お客さんへ契約について説明する際に、使いやすい契約書である

ことも大切ですね。つまり、使い勝手の良い契約書であることは

重要です。


第3位 問題を防ぐことができること

契約をするということは、何らかの新しい行動をすること。

行動にはリスクがつきもの。当初の予定と異なるような結果になって

しまったときにどうするのか? それを予め決めておくことです。

ここでは、法律的な根拠も必要となる場合が多いです。

契約書というと、この第3位の内容、とりわけ、相手が契約を

守らなかったときにどうするか? あるいは、自分が責任を軽く

するためにはどうするか? に重きを考える向きもありますが、

これは、本末転倒です。そんなにリスクが心配なら、契約を

しないことが大切なのです。

リスク軽減を考えることは、当然、大切ですが、この場合も

何か問題が起きた場合のことばかり考えるのではなく、

そもそも、どうしたら、問題を未然に防ぐことができるのか

の視点から考えることが重要です。





hon.jpg




===============================================

【契約・規約・規程アドバイザー、法人経営コンサルタント】
愛知県豊田市 井藤行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「イキイキ働き豊かに生きる」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org

==============================================


posted by itoh_gyosei at 00:00| 契約書、法律