2019年06月18日

変化・成長の前には、決断あり


cbfbaa708738f2000c5ae8f980fb2599_s.jpg

あの人最近変わったね。

あのお店大きくなったね。


目覚ましい変化や成長に関して考えてみました。


私が起業セミナーで良く言う話でもありますが、

例えば、大きなお店あるいは、何店舗を経営するお店があったとして、そのお店は

けっして自然に大きくなった訳ではありません。

その大きくなるプロセスにおいて、新たに人を雇ったり、大きなお店を借りたり、

内装工事をしたり、はたまた、銀行からお金を借りたり・・・・・・

必ず、新たな変化、成長の為に、決断があったことです。

いいえ、「私は、運が良いだけです。時代の流れに、従って来ただけです」と謙遜される経営者の方もいらっしゃいますが、やはり、その流れに従って、決断されたのは本人です。そもそも、その流れを呼び寄せたのも、その方の思いや行動に因るものだと思います。


時代をはるか昔昔に思いを寄せてみました。

我々の先祖がまだ魚だったころ、陸地に上がろうと思ったご先祖さんが居たから

今の我々に繋がっています。

水の中から陸地へ上がる選択をした結果の新たに苦労もきっとあったことでしょう。
しかしなから、水の中の世界を捨てて、陸に上がったから、その後の世界があったのでしょう。



変化、成長をするためには、あらたな決断をして
そのことで、今までにはない、苦難があるかもしれないが、
その苦難は、新しいステージへのプロセスにおいて必要な苦難なのかも知れません。


===============================================
【契約・規約の作成や仕組づくりアドバイザー】
「輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」
愛知県豊田市 ブルーバード行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「はたらく喜び、豊かなライフ」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org
==============================================










posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル

2019年06月16日

NLP 学習の4段階の話から考えたこと


1500061.jpg

NLP(Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング))という心理学では、学習の4段階の説があるそうです。(ちなみに、私は、NLPに対しては無学です)

これは、人が、何かを学習するには、4段階のプロセスがあるというものです。つまり、

第1段階が、無意識、無能
特に本人は、ある学習対象について何も意識していないし、それに対する能力もない。

第2段階が、有意識、無能
ある学習対象につき、意識、興味があり、習得したいが、それに対する能力はない。(できない)

第3段階が、有意識、有能
ある学習対象につき、意識すれば、それをすることができる。

第4段階が、無意識、有能
ある学習対象につき(もはや学習対象ではないかも知れないが)、意識しないでも、無意識にそれをすることができる。
ある種の「習慣」もこの第4段階と言うことができるだろう。

第1段階は、無知無能状態ですので、そのことを意識することなく、ある意味では、悩みもなく幸せな状態とも言える。

第2段階は、一番苦しい段階。
あれがしたい。これもしたい。こうなると良いのに・・・・・・。思いがあるが、それができていないので、不満や不安となる。

第3段階は、ようやく努力の甲斐があって、意識すれば(頑張れば)できる段階に到達した状態。

第4段階は、意識しないでもできてしまう状態・・・職人技、熟年技・・・・・


昔イチロー選手が、TVのインタビューで、相手のピッチャーの配給(次にどんな球を投げてくるか)を考え、ピタリと考えが的中して、ホームランを打つことができたときはとても嬉しいと言っていた。
まさしく、有意識、有能で、成果を上げることができた状態だと言える。

ところで、イチロー選手のインタビューはさらに続く、但し、何も考えないで、バッターボックスに入り、自然体で、構えて、来た球に自然に身体が反応してホームランが打てたときは、最高に嬉しいと。

大舞台で、無心に自然の身体に反応に任せて大きな成果を上げる。まさに、プロ中のプロだと言える。
しかしながら、プロ中のプロになるためには、やみくもに無心で練習すれば良いかというと多くの場合、決してそうではないだろう。

多くの課題(特に難しいモノ)を習得するには、まず、有意識有能を目指すべく、意図的に、意識を強く持つこと、頭だけでなく、身体や心の深いところへ植え付けるようなイメージを持ちながら、意識することが大切だ。

つい、なにげなく、動作をするのではなく、毎秒毎秒、何事も目の前のことに意識を集中して、意識しながら、行うことが大切である。まず、呼吸の仕方や身の回りの音や見えるものから集中してみよう。


===============================================
【契約・規約の作成や仕組づくりアドバイザー】
「輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」
愛知県豊田市 ブルーバード行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「はたらく喜び、豊かなライフ」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org
==============================================










posted by itoh_gyosei at 00:16| ライフスタイル

2019年05月25日

根っこで通じるところを考え、共感する


ec7f9d116b3da16ec237c7605c855e01_s.jpg

古くは、「和を以て貴しとなす」
最近の言葉でいえば、「ダイバシティ」
相手との違いを受け入れた上で、新しい反応を起こす変化を起こす、新しいモノを生み出すためには大切な考え方だと思います。
しかしながら、根本的に考えや価値観、行動様式が異なる相手とそんな風な関係を築けることができるのか?


・・・・>それは、互いの上流、本質まで遡って考えれば可能ではないかと思います。


例えば、信条、意見や行動様式がまったく異なる相手であってもその動機、目指すもの、あるいは、他者や社会に対する思い 等
キャベツや玉ねぎの皮をむくようなイメージでコアの部分に触れると共感が得られることがあります。

より、大きな視野から。
あるいは、川をイメージして、互いは全く異なる川にいるがどんどん上流に辿ると合流点が見える。そんな感じです。




===============================================
【契約・規約の作成や仕組づくりアドバイザー】
「輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」
愛知県豊田市 ブルーバード行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「はたらく喜び、豊かなライフ」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org
==============================================
posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営

2019年05月18日

若年者の定着支援について考えてみた

ブルーバード.JPG

私は、就労に関する専門家ではありませんが、中堅企業の採用・教育担当者として、1万人以上の人々と面談して来たこと及び社員教育やコンサルタントで企業を訪問させて頂くことなどを通じて思うことを書き留めたいと思います。


1.そもそも定着支援は必要か?

企業では必要な人材を必要なときに採用でき、求職者からしたらその時々の自らの適性を発揮できる仕事に就けること。すなわち、労働市場の流動化が求められている。

したがって、極端な定着は労働市場の流動化を阻害する原因になる。また、労働基準監督者に寄せられる最近の相談事例として「会社が辞めさせてくれない」が上位を占める。事実、私のところにも、退職届を内容証明で出すような依頼をちょくちょく頂く。

新入社員の3人に1人は3年以内に離職しているのが現状が、本当に大きい数字なのか、
当たり前の数字なのかはよく分からない。
もし当たり前の数字であるのであれば、3人に1人は辞める前提で社会のシステムや企業の計画を立てるべきである。

仮に3年間をお試し期間(インターン期間)と考えれば、インターンの3人に2人がその会社で就業を続けると言えるかもしれない。
=そう考えるとこの数字はそんなに悪くないかもしれないと感じるのではないか?


2.といってもミクロの立場からしたら(特に採用担当者は、)「定着して欲しい」気持ちは大きいと思われる

採用担当者の立場になれば、日本の学卒の新人が3年で辞めてしまっては、採用、教育、人事コストがペイできない可能性は高い。できれば、定着して(戦力化して)くれる方が嬉しいと考えるのも当然であろう。


3.早期離職の原因は何だろうか?

早期離職の原因を考える。これがあきらかにミスマッチ、間違った就職であり採用であったのであれば、さっさと退職すべきであり、それが分かったことは決して悪いことではないのではないか?

ミスマッチができる限りおきないように、採用側求職側何れも情報公開が大切である。
互いに自社自分のことを世間一般の基準に合わせ背伸びし過ぎ(盛り過ぎ)の情報公開は辞め、良いところも悪いところも含め、自社自分の個性を互いに表現し分かりあうことが大切ではないか?
・・・・・・・・・・>そんな意味では、インターン期間3年間もあながち冗談ではないかも知れない。


4.定着できるものなら全力で応援したい

ある会社さんの社長さんが言われていました。結果として当社が良いと言って応募してくれて、当社も採用した人物との縁は大切にして、出来る限りの可能性に自社としても挑戦したいと本人対しその機会を与えれることは会社の義務であると考えている。
それでも本人にとってより良い他の道を発見して退職するのは仕方がないと。


5.結論

ここまで読んでいただいた方、なんだ、そんな当たり前の結論か?とがっかりされるかも知れませんが、大切なのは物事の順番だと思います。いきなり4ではなく、1→2→3→4の順が大切であると思います。

目指す姿が今いる社員や取引先、お客さんなどからの口コミでどんどん応募者が集まる会社。多分、そんな会社であれば、定着率もきっと高いことだろう。


===============================================
【契約・規約の作成や仕組づくりアドバイザー】
「輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」
愛知県豊田市 ブルーバード行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「はたらく喜び、豊かなライフ」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org
==============================================








posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営

2019年05月08日

ユーワード ホービィ サイトに掲載しました


horby.JPG

ユーワード ホービィ サイト に、ブルーバード行政書士事務所を掲載しました。
当サイトだけの特別価格の商品(有料相談や利用規約の作成など)を掲載しています。
ぜひ、ご利用ください。

「ホービィ」、「てっぱん」 は、株式会社ユーワードが全国展開する、
会員制の全く新しい集客コミュニティサイトです。
「ホービィ」は、ビューティー&カルチャーサイト
「てっぱん」は、グルメサイト です。

●従来のネット広告との大きな違いは、掲載費(会費)が「実質無料」(100%ポイント還元)なので、金銭的なリスクがありません。
●会員さんがお得になる「厳選メニュー」を提供することで、集客へつながります。
●代理店と呼ばれる広報担当が、あなたのお店のおすすめ情報を積極的に広め、新規顧客を呼び込みます。

高い広告費を払うのではなく、紹介で、集客を図る仕組みが画期的です。
「ホービィ」、「てっぱん」 に、ご興味のある方も、お気軽にお問合せください。


===============================================
【契約・規約の作成や仕組づくりアドバイザー】
「輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」
愛知県豊田市 ブルーバード行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「はたらく喜び、豊かなライフ」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org
==============================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| ホームページ更新情報

2019年05月07日

ルンバ大活躍


IMG_E2321.JPG

事務所のフロアの掃除の為、ルンバを購入しました。購入に当たっては、様々なロボット掃除機の評価をネットで確認しました。フロアには全面カーペットが敷いてある為、国内製の掃除ロボットより、ルンバの方が力強いとのコメントを見て、最終的にルンバに決めました。購入した機種は、ルンバの中ではお手頃価格で、コストパフォーマンスが高いと評判の「ルンバe5」モデルです。

実際に使ってみての感想は、購入前の予想をはるかに上回る素晴らしいものです。
1)とにかく真面目に真剣にくまなく掃除をしてくれる。最初ほこりいっぱいに汚れて戻って来たルンバに感動しました。専用アプリでスマートフォンから操作可能、アレクサ(アマゾンスピーカー)にルンバを操作してもらうことも可能です。(電気を消した真っ暗な部屋でタイマーで起こされ健気に掃除をしている姿にも感動しました。)

2)評判通りのパワーで、少々の段差は簡単に上り下りできます。軽いものはルンバが押して行ってしまいますので、できるだけ床に物は置かないように気を付けます。逆にルンバ自身が通れるスペースがあれば、どんどん中に入っていきますので、頼もしい限りです。

3)ルンバの掃除に対する真剣さと果敢に攻める姿勢は、感動もので、人間も見習うものがあります。ルンバの姿を見て、物理的にルンバの幅より狭いところやテーブルなどの上などが、ルンバの担当外となりますので、そこは、人間が責任を持って担当しようと、マキタのコードレスクリーナーも購入しました。

IMG_E2316.JPG

===============================================
【契約・規約の作成や仕組づくりアドバイザー】
「輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」
愛知県豊田市 ブルーバード行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「はたらく喜び、豊かなライフ」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org
==============================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| 役立つ豆知識

2019年05月06日

WEB相談のご案内


websodan.png

ブルーバード行政書士事務所では、メールや、SkypeなどのWebTV電話を用いて、全国のお客様に対するWeb相談を有料で行っています。(メールによる相談1回は無料です)

半年以内に、相談頂いた内容に関する具体的な業務のご依頼を頂いた場合は、相談料金相当額を業務の依頼金額から減額させて頂きますので、「正式に業務を依頼する前に相談したい」ような場合も安心です。

また、正式に業務依頼を頂いた後のWeb打ち合わせは無料で行っています。

相談内容は、主に以下のような内容を想定しています。

1)契約書や規約に関する相談
例えば・・・
・契約書や規約を作成したいと思っているがどうしたら良いか分からない。
・行政や発注元から、下請けとの取引に関する契約書を作成するように言われた。
・特定商取引法に基づいた契約書を作成したい。
・現在の規約や契約書類をどのように変更して行ったら良いか方針を決めたい。
・契約や規約に関する様々な疑問を解決したい。
等々

2)起業相談・新事業相談
例えば・・・
・自分がやろうとしている事業をどのような手順で準備したら良いだろうか?
・自分がやろうとしている事業を法的にきちんとするにはどうしたら良いか?
・ビジネスの仕組みで悩んでいるところを相談したい。
・共同で事業をやろうとしている相手との関係を明確にしたい。
・自身のビジネスアイデアの展開の方法を相談したい。
等々

3)NPO法人に関する相談
例えば・・・
・NPO法人の設立に関する方法や手順や注意事項を知りたい。
・自分が行おうとしている事業がNPO法人に向いているかどうか知りたい。
・将来認定NPO法人になりたいがどうしたら良いか?
・NPO法人の運営に関する法的な手続きの方法について知りたい。
・NPO法人の運営に関する具体的な問題について解決方法を相談したい。
等々

相談料金
メール相談・・・・1回無料(但し作業が伴わないものに限ります。)
Web面談相談・・・・1万円+消費税(1時間)
Skype、Facebookメッセンジャー・Line等のTV電話機能を使います。
※正式業務受託後のWebによる打ち合わせは無料です。

支払方法
銀行振込または、PayPalによるクレジットカード決済が可能です。

予約申込み後送付される請求書に従って決済ください。

申込方法
下記の専用、申込フォームに必要事項を記入して予約申込ください。

折り返しメールにて請求書を送付しますので、請求書に基づき 決済手続き(振込またはクレジットカード払い)をしてください。

お支払い完了後、正式な申込となります。


===============================================
【契約・規約の作成や仕組づくりアドバイザー】
「輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」
愛知県豊田市 ブルーバード行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「はたらく喜び、豊かなライフ」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org
==============================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| 契約書、法律

2019年05月05日

「そっと受けとめて」





ストレートに素直に心に伝わる歌です。
ぜひ、聴いてみてください。


===============================================
【契約・規約の作成や仕組づくりアドバイザー】
「輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」
愛知県豊田市 ブルーバード行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「はたらく喜び、豊かなライフ」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org
==============================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| ライフスタイル

2019年05月04日

契約書作成の目的~ 取引の目的をより良く実現するために


keiyakush.JPG

ビジネスにおいて、契約とは顧客や取引先などとの対外的な約束のことを言います。
お客さんから注文を頂くこと(契約をすること≒契約書に印をもらうこと)は営業活動の日常的な目的と言っても良いでしょう。例えば、取引先と継続的な取引契約を結ぶこと。新規提携先と販売や開発製造などの拡販の為の契約を結ぶこと。新しい設備やシステムを導入すること。これらは全て契約です。これらの契約を文書にしたものが契約書です。

契約は、必ずしも文書でしなくても、口頭であっても成立します。しかしながら、ビジネスにおいて大事な契約を文書にする=契約書を作成する意味は、「大事な契約の目的がよりよく確かに実現するようにしたい」と言う当事者間の思いがあるからこそです。

販売提携契約書であれば、当事者同士が互いに販売提携をすることで、互いに「今以上に業績をあげよう」が目的ではないでしょうか?
秘密保持契約書であれば、当事者同士がビジネス上の関係を深めるに伴い、互いの秘密を知る機会が発生することに備え、「互いに万全な施策を講じ、相手方の秘密が漏洩しないようにしよう」が目的ではないでしょうか?
ソフトウェア使用許諾契約書であれば、「お客さんに適正に上手に当社ソフトを利用して頂き、喜んで頂き、できればお得意様になって頂きたい」が目的ではないでしょうか?

もちろん、もし万が一の場合の紛争を避けるために、法的にきちんとした契約書にすることは大切なことですが、万が一の場合のことも想定した上で、「本質的なビジネスの目的を実現するために、契約書を作成すること」に、契約書作成の本来の意義があります。

当事務所では、中小企業の経営者の方や個人事業主の方に対して、「ご自身の思いを実現するための文書の作成と契約書を使った上手な交渉の仕方」を支援しています。

Web相談(有料)のご案内
契約者や規約に関するWeb相談(有料)を行っています。(1万円+消費税/1時間)
詳細は以下のページにてご確認ください・・・

Web(有料)相談
Skype等のTV電話を利用して、相談にお応えします。詳細は以下よりご確認ください。
websodan2.png

無料相談
最初のメール相談は無料で対応させて頂きますので、お気軽にメールでご相談ください。
toiawase.png


===============================================
【契約・規約の作成や仕組づくりアドバイザー】
「輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」
愛知県豊田市 ブルーバード行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「はたらく喜び、豊かなライフ」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org
==============================================

posted by itoh_gyosei at 00:00| 契約書、法律

2019年05月03日

仕事におけるコミュニケーション「報告」「連絡」「相談」


555604.jpg

仕事では、与えられた役割を果たすことが大切です。
その為に全て一人で完結できる仕事には限りがあります。
多くの仕事では、他者との関係が重要です。

仕事において、コミュニケーションとは、目的に沿って
(できる限り喜んで)相手に動いてもらうこと。
その為の行動やその環境整備の為の行動のことを言います。

従って、仕事におけるコミュニケーションとは、仕事そのものであって、好きとか嫌いとか、得意とか苦手とか言っておられない必須の任務です。

しかし、心配はいりません。一般社会では、他者の話を聞くかどうかはその個人の自由ですが、仕事において、仕事の話を聞くのは相手も仕事なので、一般社会でいうようなコミュニケーションとは性格を異にするものであり、仕事におけるコミュニケーションの基礎は、誰でも身に着けることができるものです。

仕事におけるコミュニケーションを身に着けるとは、まず、真の「報告」「連絡」「相談」を身に着けることです。

「報告」とは、指示、命令、依頼などに対して、その経過や結果を伝えるものです。大切なのは目的に対して現況がどんな状況なのかを分かりやすく正確に伝えることです。また、悪い情報、クレーム情報ほど早く報告しなけれがならないことです。

「連絡」とは、情報の共有の為に速やかに事実を伝えることです。情報は正確であることとタイムリーであることのバランスが大切です。「連絡をしないということは、何も起きていないことを連絡していると同じ意味である」ことを知っておくと良いでしょう。

「相談」とは、自身だけで判断することに問題がある場合に、他者に問いかけ指導やアドバイスを求めるものです。「もっと早く相談してくれれば良かったのに」という言葉が発せられないようにタイムリーな相談が大切です。また、相談した後には、お礼と結果の報告を怠らないことが大切です。相談した相手は、とても経過や結果が気になるものです。
「報告」「連絡」「相談」何れの場合にも通じる大切な姿勢は、
1.「言った」「伝えた」までが、目的ではなく、相手が「分かった」「行動した」まで含めてが目的だということです。
2.この情報は、「〇〇さんから伝えられるはずだ」と、勝手に判断しないこと。情報が伝わらないよりは二重に発信されることの方がずっと良いことです。
3.コミュニケーション不足やミスを防ぐために必要な共通のルールとして、「情報は、必要な側が取りに行く」原則というものもあります。相手の善意に任せて情報を待っているのではなく自ら必要な情報は取りに行けるような風土、システムが有意義です。


仕事におけるコミュニケーション力アップの為には、「報告」「連絡」「相談」の品質やスピードを上げることを意識しましょう。
「誰に」「何を」「どのように」を意識することが大切です。



===============================================
【契約・規約の作成や仕組づくりアドバイザー】
「輝く個性。価値あるビジネス。充実の人生。」
愛知県豊田市 ブルーバード行政書士事務所
URL http://www.itoh.fullstage.biz/
ツイッターはこちら
http://twitter.com/itohmasao
フェイスブックはこちら 
http://www.facebook.com/itoh.gyosei

【社員教育、生涯教育、人材活用コンサルタント】
「はたらく喜び、豊かなライフ」NPO法人ブルーバード
URL http://bluebird.or.jp
フェイスブックはこちら 
https://www.facebook.com/bluebird.org
==============================================










posted by itoh_gyosei at 00:00| 事業経営